ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

複数モデル間でコンフィギュレーションを共有する

コンフィギュレーション参照を使用して、複数のモデルで 1 つのコンフィギュレーション セットを共有できます。モデル間でコンフィギュレーション セットを共有するには、コンフィギュレーション セットをコンフィギュレーション セット オブジェクトとしてベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリに格納します。次に、コンフィギュレーション セット オブジェクトを参照するモデルでコンフィギュレーション参照を作成します。コンフィギュレーション参照は、同じコンフィギュレーション セット オブジェクトを参照する他のモデルで作成できます。

メモ

モデルを保存して閉じる前に、参照するコンフィギュレーション セットを保存するの手順に従います。ベース ワークスペースの参照するコンフィギュレーション セットを保存しないと、モデルを再び開いたときに、コンフィギュレーション参照は関連付けられません。

既存のコンフィギュレーション セットのコンフィギュレーション参照への変換

モデル内の既存のコンフィギュレーション セットをコンフィギュレーション参照に変換するには、次の手順に従います。

  1. モデル エクスプローラーを開きます。

  2. [モデルの階層構造] ペインで、[コンフィギュレーション] ノードを選択します。

  3. [コンテンツ] ペインで、共有するアクティブなコンフィギュレーション セットを右クリックします。

  4. コンフィギュレーション セットのコンテキスト メニューで [コンフィギュレーション参照に変換] を選択します。ダイアログ ボックスが開きます。または、モデルのノードを右クリックして、[コンフィギュレーション][アクティブなコンフィギュレーションを参照に変換] を選択することもできます。

  5. [アクティブなコンフィギュレーションを参照に変換] ダイアログ ボックスで、既定のコンフィギュレーション セット オブジェクト名 Configuration を使用するか、別の名前を入力します。

  6. [OK] をクリックします。コンフィギュレーション参照がモデルで作成され、コンフィギュレーション セット オブジェクトがベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリで作成されます。コンフィギュレーション参照は、元のアクティブなコンフィギュレーション セットと同じ値をもつ、コンフィギュレーション セット オブジェクトを参照します。[コンテンツ] ペインのコンフィギュレーション参照名が (Active) としてマークされます。

別のモデルでのコンフィギュレーション参照の作成

ベース ワークススペースに Configuration として保存されている前述のコンフィギュレーション セットを共有するには、次のようにして別のモデルでコンフィギュレーション参照を作成します。

  1. [モデルの階層構造] ペインでモデルのノードを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューの [コンフィギュレーション][コンフィギュレーション参照を追加] を選択します。

  3. 新しいコンフィギュレーション参照が [コンテンツ] ペインに表示されます。新しい参照の既定の名前は Reference です。コンフィギュレーション セット オブジェクトの名前 Configuration をベース ワークスペースで指定します。

  4. 新しいコンフィギュレーション参照をアクティブなコンフィギュレーションにするには、[コンテンツ] ペインでコンフィギュレーション参照を右クリックします。コンテキスト メニューの [アクティブにする] を選択します。

ベース ワークスペース内の同じコンフィギュレーション セット オブジェクトを参照するコンフィギュレーション参照が、両方のモデルに含まれるようになります。または、コンフィギュレーション セット オブジェクトをデータ ディクショナリに保存することができます。コンフィギュレーション セット オブジェクトを自動的に読み込むようにモデルを設定するには、カスタマイズされたモデルの動作のコールバックを参照してください。

関連する例

詳細