Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージ ファイル形式へのモデルの出力

モデルの現在のビューを .png または .jpeg などのイメージ ファイル形式に出力するには、MATLAB® print コマンドで -device 引数を使用します。たとえば、vdp モデルを .png 形式に出力するには、次のコマンドを使用します。

print -dpng -svdp vdp_model.png

既定では、エクスポート対象のモデルのキャンバス (背景) は、モデルの色と一致します。別のファイル形式にエクスポートするモデル ファイルで白または透明のキャンバスを使用する場合は、[Simulink 基本設定][エクスポート] 基本設定を設定します。

モデル ビューのサードパーティ製アプリケーションへのコピー

Microsoft® Windows® プラットフォーム上で、モデルの現在のビューをビットマップ形式またはメタファイル形式のいずれかでコピーできます。クリップボード イメージをワード プロセッシング ソフトウェアなどのサードパーティ製アプリケーションに貼り付けることができます。

Macintosh プラットフォームでは、モデル ビューをクリップボードにコピーすると、Simulink® はビットマップ形式に加えてスケーラブルな形式でモデルを保存します。クリップボードからアプリケーションに貼り付けるとき、そのアプリケーションの要件に最も合う形式が選択されます。

既定では、コピー対象のモデルのキャンバス (背景) は、モデルの色と一致します。別のアプリケーションにコピーするモデル ファイルで白または透明のキャンバスを使用する場合は、[Simulink 基本設定][クリップボード] の基本設定を設定します。

  1. Simulink モデルをオペレーティング システムのクリップボードにコピーするには、Simulink エディターの [書式設定] タブで、[スクリーンショット]、目的の形式の順に選択します。

  2. クリップボードからサードパーティ製アプリケーションにモデルを貼り付けます。

関連するトピック