Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

端子とデータの管理

[端子とデータの管理] は、MATLAB Function ブロック内のオブジェクトを定義し、そのプロパティを変更するための便利なツールです。

[端子とデータの管理] では、モデル エクスプローラーがモデルの階層構造全体に対して提供するのと同じデータ定義機能が、個々の MATLAB Function ブロックに対して提供されています (モデル エクスプローラーを参照してください)。

[端子とデータの管理] ダイアログ ボックス

[端子とデータの管理] ダイアログ ボックスは、MATLAB Function ブロックのデータ引数、入力トリガーおよび関数呼び出し出力を追加して定義するときに使用します。このダイアログでは、MATLAB Function ブロックとその中のオブジェクトのプロパティも変更できます。

このダイアログ ボックスには 2 つのペインがあります。

  • [コンテンツ] (左) ペインには MATLAB Function ブロックに定義されているオブジェクトのリストが表示されます。

  • [ダイアログ] (右) ペインには選択されたオブジェクトのプロパティを変更するためのフィールドが表示されます。

プロパティは、オブジェクトのスコープとタイプに応じて変化します。したがって、[端子とデータの管理] のプロパティ ダイアログには、追加や変更の対象となっているオブジェクトに関係のあるプロパティ フィールドのみが動的に表示されるようになっています。

最初に開いたとき、このダイアログ ボックスには MATLAB Function ブロックのプロパティが表示されます。

[端子とデータの管理] を開く方法

MATLAB Function ブロック エディターから [端子とデータの管理] を開くには、[エディター] タブで [データの編集] を選択します。MATLAB Function ブロックに対する [端子とデータの管理] がフォーカスされた状態で開きます。

[端子とデータの管理] ツール

以下のツールは [端子とデータの管理] 専用です。

ツール ボタン説明

ブロック エディターに移動

MATLAB Function ブロック エディターで関数 MATLAB® を表示します。

ブロック ダイアログを表示

既定の MATLAB 関数プロパティを表示します。詳細は、MATLAB Function Block プロパティを参照してください。ブロックの引数に関連付けられているデータを表示した後、このボタンを使ってそのブロックによって使用される設定に戻ります。

関連する例

詳細