Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB Function ブロック エディター

MATLAB Function ブロック エディターのカスタマイズ

MATLAB Function ブロック エディター画面のカスタマイズには、MATLAB® エディターの場合と同様ツール バー アイコンを使用します。基本的な設定を参照してください。

MATLAB Function ブロック エディター ツール

以下のツールを使用して MATLAB Function ブロックの作業を行います。

ツール ボタン説明

データの編集

[端子とデータの管理] ダイアログが開き、現在の MATLAB Function ブロックの引数を追加したり変更したりできるようになります。詳細については、端子とデータの管理を参照してください。

レポートの表示

MATLAB Function ブロックの MATLAB Function レポートを開きます。詳細については、MATLAB Function レポートを参照してください。

シミュレーション ターゲット

[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログの [シミュレーション ターゲット] ペインを開いて、カスタム コードを挿入します。

ブロック線図に移動

エディターを閉じずに、MATLAB 関数を元のブロック線図で表示します。

MATLAB Function ブロックの入力引数の定義例は、入力と出力の定義を参照してください。

MATLAB Function ブロック コードの編集とデバッグ

手動インデント

コード ブロックを手動でインデントするには、以下のようにします。

  1. インデントするテキストを選択します。

  2. [エディター] タブにある次のいずれかの [インデント] ツールを選択します。

    ツール説明
    選択されたテキストにスマート インデントを適用します。
    選択されたテキストを右に 1 インデント レベル 移動します。
    選択されたテキストを左に 1 インデント レベル 移動します。

選択された項目の展開

MATLAB Function ブロック エディターで、ファイル内からローカル関数、関数、ファイルまたは変数を開くことができます。

選択された項目を開くには、以下のようにします。

  1. 開く項目の名前の上にカーソルを置きます。

  2. 右クリックでコンテキスト メニューを表示して、[<選択> を開く] を選択します。

選択された項目に適したツールが選択され、その項目が開きます。詳細については、ファイルおよびフォルダー管理を参照してください。

メモ

MATLAB Function ブロックの入出力パラメーターを開くと、[端子とデータの管理] が開き、選択されたパラメーターが強調表示されます。[端子とデータの管理] はパラメーター属性の変更に使用できます。詳細については、端子とデータの管理 を参照してください。

選択項目の実行時の値

[選択の実行] メニュー オプションを使って、シミュレーション中に、MATLAB 関数内の変数や式の値を MATLAB ウィンドウに表示することができます。

選択された項目の実行時の値を表示するには、以下のようにします。

  1. 実行時の評価値を表示する変数や式を選択します。

  2. 選択したテキストの上にマウスを置き、右クリックでコンテキスト メニューを開いて、[選択の実行] を選択します (あるいは、[テキスト] メニューの [選択の実行] を選択することもできます)。

ブレークポイントに到ると、MATLAB コマンド ウィンドウのコマンド ライン デバッガー プロンプト行に選択した変数または式の値が表示されます。

debug>> stdev
 
	1.1180

debug>> 

メモ

ただし、MATLAB ファイル実行時など MATLAB がビジー状態にある場合は、選択した項目の評価値を調べることはできません。

データ スコープの設定

MATLAB Function ブロック入力パラメーターのデータ スコープを設定するには、以下のようにします。

  1. 変更する入力パラメーターを選択します。

  2. 選択したテキストの上にマウスを置き、右クリックでコンテキスト メニューを開いて、[<選択> のデータ スコープ] を選択します。

  3. 選択:

    • 入力: 入力データが Simulink® モデルによって入力端子を通じて MATLAB Function ブロックに供給される場合。

    • パラメーター: 入力が変数でその名前が MATLAB またはモデル ワークスペース、またはこのブロックを含むマスク サブシステム内にある変数と同である場合。

詳細については、[一般] プロパティの設定を参照してください。

関連する例

詳細