ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Lookup Tables ブロック ライブラリ

Lookup Tables ブロック ライブラリには、複数のルックアップ テーブル ブロックが表示されます。

次の表は、ライブラリの各ブロックの目的をまとめたものです。

ブロック名説明

1-D Lookup Table

1 次元関数を近似します。

2-D Lookup Table

2 次元関数を近似します。

n-D Lookup Table

N 次元関数を近似します。

Prelookup

Interpolation Using Prelookup ブロックのためのインデックスと分割を計算します。

Interpolation Using Prelookup

あらかじめ計算されたインデックスと小数部の値を使用して、n 次元関数の近似を加速します。

Direct Lookup Table (n-D)

N 次元テーブルにインデックスを付けて対応する出力を取得します。

Lookup Table Dynamic

動的に指定したテーブルを使って 1 次元関数を近似します。

Sine

固定小数点ルックアップ テーブルを使用して正弦波関数を近似します。

Cosine

固定小数点ルックアップ テーブルを使用して余弦波関数を近似します。

関連するトピック