最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

単位を使用する信号データのログ

信号に指定した単位をログ データに含めるには、Dataset または Timeseries ログ形式を使用します。この形式では、ログ情報は MATLAB® timeseries オブジェクトに格納されます。

信号ログは Dataset 形式を使用します。出力ログ ([コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][出力]) は既定の形式に Dataset を使用します。To File ブロックおよび To Workspace ブロックの既定の保存形式は Timeseries です。

Dataset 形式または Timeseries 形式を信号、To File ブロックまたは To Workspace ブロックのログに使用すると、ログ データには単位情報が含まれます。

出力ログに単位情報を取得するには、次のようにします。

  1. [形式] コンフィギュレーション パラメーターを [データセット] に設定します。

  2. 単位情報を取得する Outport ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで、入力信号の単位と一致するように [単位] パラメーターを設定します。

たとえば、このモデルには [単位] パラメーターが newton に設定された In1 ブロックと、m (メートル) を使用する In2 ブロックがあります。モデルを開きます。モデルをシミュレートした後、ログ データの単位を確認できます。

  • バス信号 signal1b の信号ログ データに単位を表示できます。

    logsout.get('a').Values.signal1.DataInfo
    tsdata.datametadata
      Package: tsdata
    
      Common Properties:
                   Units: newton (Simulink.SimulationData.Unit)
           Interpolation: linear (tsdata.interpolation)
    
  • To Workspace ブロックに記録されたデータに単位を表示できます。

     simout1.signal2.DataInfo.Units
    
    ans = 
    
      Units with properties:
    
        Name: 'm'

このモデル例は Time Scope ブロックに記録されたデータの表示方法について説明します。モデルを開きます。

Time Scope ブロックを使用してデータを記録するには、スコープで [コンフィギュレーション プロパティ][ログ][ワークスペースにデータのログを作成] を選択し、変数 (この例では ScopeData) を指定します。In3 ブロックは m (メートル) を使用します。モデルをシミュレートし、MATLAB コマンド ラインで次を入力します。

ScopeData.get(1).Values.DataInfo.Units
ans = 

  Units with properties:

    Name: 'm'

関連する例

詳細