Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

デバッガーの紹介

デバッガーを使用すると、メソッドごとにシミュレーションを実行できます。各メソッドの後に停止すると、実行結果を確認できます。これにより、モデル内の特定のブロック、パラメーター、内部接続として問題を突き止めることができます。

メモ:

メソッドは、シミュレーション中の各タイム ステップでモデルを解くために Simulink® ソフトウェアが使用する関数です。ブロックは、複数のメソッドで構成されます。このドキュメンテーションでの「ブロックの実行」は、「ブロック メソッドの実行」の短縮形です。ブロック線図の実行は、シミュレーション ループで指定されたように、シミュレーション中に各タイム ステップで、モデルを解くプロセス中に、さまざまな点でのブロック線図のすべてのブロックの異なるブロック メソッドの実行が必要な多段階操作です。

デバッガーは、グラフィカル ユーザー インターフェイスとコマンド ライン インターフェイスの両方をもっています。グラフィカル インターフェイスにより、デバッガーの最も一般的に使用される機能にアクセスできます。コマンド ライン インターフェイスにより、すべてのデバッガーの機能にアクセスできます。いずれかのインターフェイスを使用してタスクを実行することができる場合、このドキュメンテーションでは最初に、グラフィカル インターフェイスの使用法 (デバッガーのグラフィカル ユーザー インターフェイス) を示し、それからコマンド ライン インターフェイスの使用法 (デバッガーのコマンド ライン インターフェイス) を示します。

atraceashow などのすべての関数はデバッガー内でのみ使用できます。

関連する例

詳細