Main Content

離散アルゴリズムをテストするデータの読み込み

離散信号は、等間隔の時間値を使用して定義する信号です。タイム ステップごとに、ソース ブロックのサンプル時間を使用して、1 つの信号値が読み取られます。

空の時間ベクトルを含む構造体を使用することで、モデルはソース ブロックのサンプル時間を使用することになります。この方法を使用することで、ベクトルと Simulink® タイム ステップの間の不一致が起こる可能性を回避します。コンピューターによって使用される倍精度の丸めと Simulink が必要とする値は異なる場合があります。

この単純なモデルについて、信号データのインポートを行うとします。

  1. Inport ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで、次を行います。

    • サンプル時間を設定します。

    • [データを内挿する] パラメーターをオフにします。

  2. インポートするデータで、時間ベクトルを含まない構造体変数を指定します。たとえば、import_varと呼ばれる変数の場合、

    import_var.time = [];
    import_var.signals.values = [0; 1; 5; 8; 10];
    import_var.signals.dimension = 1;

    1 番目のタイム ステップの入力は、入力端子の値の配列の最初の要素から読み込まれ、値は 0 です。2 番目のタイム ステップの値は、値の配列 (1) の 2 番目の要素から読み込まれる、というように続きます。

    信号値および次元データを指定する方法の詳細については、データ構造体のルートレベル入力への読み込みを参照してください。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][入力] パラメーターを設定してインポートするデータの import_var を指定します。

データのインポートに From Workspace ブロックを使用している場合は、同様の方法を使用します。さらに、[最後のデータ後の出力フォーム] パラメーターを [外挿] 以外の値に設定します。

関連する例

詳細