Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Function ブロックでの可変サイズ配列のサポートの制御

既定では、MATLAB Function ブロックでの可変サイズの配列のサポートは有効になっています。このサポートを無効にするには、次のようにします。

  1. MATLAB Function ブロック エディターで、[データの編集] を選択します。

  2. [可変サイズの配列をサポート] チェック ボックスをオフにします。

関連するトピック