Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

構造体パラメーターの定義と使用

構造体パラメーターの定義

MATLAB Function ブロックで構造体パラメーターを定義するには、次の手順に従います。

  1. 構造体変数を定義して初期化します。

    一般的な方法はベース ワークスペースで構造体を作成することです。

  2. [端子とデータの管理] で、MATLAB Function ブロック内に次のプロパティをもつデータを追加します。

    プロパティ指定する項目
    名前ベース ワークスペースで定義した構造体変数と同じ名前を入力します。
    スコープ[パラメーター] を選択します。
    調整可能シミュレーション中にパラメーターの値を変更する (調整) する場合は、オンにします。それ以外の場合は、オフにしてパラメーターを調整不可能にし、シミュレーション中の初期値を保存します。
    タイプ[継承: Simulink と同じ] を選択します。

  3. [適用] をクリックします。

調整不可能な構造体パラメーターの FIMATH プロパティ

固定小数点値を含む調整不可能な構造体パラメーターの FIMATH プロパティは構造体の初期値に基づいています。MATLAB Function ブロックへの固定小数点入力信号に指定された FIMATH プロパティから来る値では "ありません" (これらの FIMATH プロパティは MATLAB Function ブロックのプロパティ ダイアログ ボックスに表示されます)。

関連する例

詳細