最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

メモと注釈を使用したモデルの説明

他のユーザーにわかりやすくするために、メモと注釈を使用してモデルを説明することができます。テキストを入力するか、Web サイトのコンテンツを表示するか、親システムからメモの内容を継承して、モデルの階層構造内の任意のシステムにメモを追加できます。システムごとに、メモを表示しないことを選択することもできます。

注釈は、モデルにメモやコールアウトを追加するために使用できる視覚的要素です。クリックするとアクションを実行するような注釈を追加することもできます。

テキスト注釈には、次のものを任意に組み合わせて含むことができます。

  • テキスト

  • イメージ

  • LaTeX コマンドおよび MathML コマンドを使用した方程式

  • Web サイトを開くか、MATLAB® 関数を実行するハイパーリンク

イメージのみの注釈を作成することもできます。

メモの管理

始めるには、[モデル化] タブの [設計] で、[メモ] をクリックします。モデルにメモが関連付けられている場合、メモはモデルの右側にあるペインに表示されます。階層内を移動しているときに、各システムのメモが表示されます。モデルにメモがない場合、メモを追加できます。

メモは、拡張子が .mldatx のファイルに保存されます。モデルにメモを含める場合は、最初にメモ ファイルを作成します。メモの追加と編集を参照してください。ファイルを作成した後、追加したメモが自動的に保存されます。

異なる役割をもつユーザーに対してなど、複数のメモ ファイルに同じモデルを関連付けることができます。モデルを使用しているユーザーは、モデルに一致するノート ファイルを選択できます。メモ ファイルには、メモ ファイルとモデルが一致していることを確認するためにモデル名とバージョン情報が含まれています。

.mldatx ファイルはモデルとは別に保存されます。モデルを別のフォルダーに移動すると、.mldatx ファイルは移動せず、ファイルが MATLAB パス上にある場合、関連付けが残ります。

読み取りモードと編集モード

[メモ] ペインを使用してメモを編集および読み取ります。[メモの読み取り/編集] 切り替え を使用してモードを切り替えます。[メモの編集] をクリックすると、編集機能が有効になります。[メモの読み取り] をクリックすると、編集機能は使用できなくなります。代わりに、内容が読み取り専用形式で表示されます。モデル内を移動しているときに、[メモ] ペインが現在のシステムの内容で更新されます。

メモの追加と編集

  1. モデルの [モデル化] タブの [設計] で、[メモ] をクリックします。メモ インターフェイスはモデルの右側に表示され、開始するための手順が記載されています。

  2. [メモ ファイルを作成する] ボタンをクリックします。

  3. メモ ファイルの名前を入力するか、既定の名前を使用して、[保存] をクリックします。

  4. [メモ] ペインが編集モードになります。メモは次の方法で追加できます。

    • テキスト エディターでテキストを編集する。

    • メニューから [URL をメモに使用する] を選択して、現在のシステムのメモとして表示する内容を含む URL を入力する。

    • モデル内の別のシステムに移動してテキストを入力し、URL を使用するか、[親メモの表示] を選択する。

    • [メモなし] を選択する。

  5. 追加および編集が完了したら、[メモの読み取り] トグル ボタン をクリックしてメモを読み取りモードにします。

読み取りモードからメモを編集するには、編集する内容を含むシステムに移動して [メモの編集] トグル ボタン をクリックします。

注釈の管理

テキスト注釈を追加するには、次のいずれかを行います。

  • 注釈を作成するキャンバスをダブルクリックし、メニューから [注釈の作成] を選択します。

  • Simulink® エディター パレット上の注釈ボックス をクリックしてから、キャンバスをクリックします。

  • 注釈ボックスをキャンバス上にドラッグします。

テキスト注釈を追加した後、次のことができます。

  • 書式設定の変更をテキストに適用するか、書式設定ツール バーを使用して、画像、表、または方程式を挿入できます。

  • コンテキスト メニューの [段落] メニューから、さらなる書式設定を適用できます。たとえば、箇条書きリストや番号付きリストをこのメニューで追加できます。

  • コンテキスト メニューを使用して、ハイパーリンクを追加できます。ハイパーリンクを使用すると、ウェブサイトを開いたり、MATLAB コマンドを使用して注釈を対話型にしたりできます。

  • プロパティ インスペクターでプロパティを適用できます。プロパティ インスペクターを表示するには、[モデル化] タブの [設計] で、[プロパティ インスペクター] をクリックします。

注釈のサイズ変更

入力した内容に合わせて、注釈のサイズが変更されます。コーナーをドラッグしてサイズを変更することもできます。たとえば、Shift キーを押しながらドラッグすると、縦横比を保ったままサイズを変更できます。

注釈のサイズを変更した後は、内容のサイズにかかわらず、再びサイズ変更するまでそのサイズが維持されます。注釈の高さまたは幅を元に戻すには、プロパティ インスペクターの [外観] で、[固定の高さ] または [固定幅] チェック ボックスをオフにします。

注釈の対話型への変更

注釈を対話型にするには、テキスト注釈内の任意の内容にハイパーリンクを適用します。

  1. 注釈において、対話型にする内容を選択します。注釈全体を対話型にするには、内容全体を選択します。

  2. 右クリックして、コンテキスト メニューから [ハイパーリンク] を選択します。

  3. [ハイパーリンク] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを行います。

    • ターゲットとして [URL アドレス] を選択し、[コード] ボックスにウェブ アドレスを入力します。

    • ターゲットとして [MATLAB コード] を選択し、[コード] ボックスに MATLAB 関数を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

代替方法については、注釈コールバック関数を参照してください。

イメージ注釈の追加

テキストから独立してイメージのサイズを変更または移動する場合、イメージ注釈を作成します。たとえば、会社のロゴのサイズと位置をモデル内の特定の場所に指定できます。また、イメージのクリックで MATLAB 関数を呼び出すこともできます。イメージが含まれる注釈を追加するには、イメージをファイル システムからキャンバスにドラッグします。

ヒント

新しいモデルすべてにロゴなどの画像を含めるには、その画像を既定のテンプレートに追加します。モデルからテンプレートを作成するを参照してください。

または、[イメージ] ボックス をパレットからキャンバスにドラッグできます。その後、次のいずれかを実行できます。

  • イメージ ボックスをダブルクリックして、画像を参照します。

  • クリップボードから画像をペーストします。イメージ ボックスで右クリックし、[イメージの貼り付け] を選択します。

ヒント

イメージのサイズを変更する場合、元のサイズにリセットできます。イメージを右クリックして、[書式設定][サイズの復元] を選択します。

画像にアクションを関連付けるには、次のようにします。

  1. 画像を選択します。

  2. プロパティ インスペクターの [ClickFcn] で、画像クリック時に呼び出す MATLAB 関数を追加します。

注釈への方程式の追加

注釈書式設定ツール バーの [式の挿入] ボタンをクリックして、注釈に方程式を追加できます。

[式の編集] ダイアログ ボックスで、LaTeX コードまたは MathML コードを入力して、方程式を生成します。LaTeX コマンドについては、LaTeX 式の挿入を参照してください。

方程式のコードを編集するには、注釈内の方程式をダブルクリックします。注釈内の方程式は、注釈内のテキストと同じように書式設定ツール バーを使用して書式設定できます。フォントの色、蛍光ペンの色、フォント サイズ、注釈内における方程式の位置を変更できます。

注釈に TeX 形式のコマンドを追加して、数学記号、その他の記号、およびギリシャ文字を含めることができます。

  1. サポートされている TeX コマンドを注釈に追加します。たとえば、以下のテキストを追加します。

    \sigma \kappa \mu
    
  2. 注釈を選択した状態、またはテキスト カーソルが注釈内にある状態で、プロパティ インスペクターの [外観] から [TeX コマンドを有効にする] を選択します。

    注釈の外をクリックすると、TeX コマンドが注釈内で記号として表示されます。

この表は、Simulink 注釈でサポートされている TeX 文字を示しています。

サポートされる TeX 文字

alpha

beta

gamma

delta

epsilon

zeta

eta

theta

vartheta

iota

kappa

lambda

mu

nu

xi

pi

rho

sigma

varsigma

tau

upsilon

phi

chi

psi

omega

Gamma

Delta

Theta

Lambda

Xi

Pi

Sigma

Upsilon

Phi

Psi

Omega

forall

exists

ast

cong

sim

leq

infty

clubsuit

diamondsuit

heartsuit

spadesuit

leftarrow

uparrow

rightarrow

downarrow

circ

pm

geq

propto

partial

bullet

div

neq

equiv

approx

aleph

Im

Re

otimes

oplus

oslash

cap

cup

supseteq

supset

subseteq

subset

int

in

o

copyright

0

ldots

varpi

times

cdot

vee

wedge

perp

mid

Leftarrow

Rightarrow

Uparrow

Downarrow

prime

nabla

surd

angle

neg

lceil

rceil

lfloor

rfloor

langle

rangle

ブロックと領域への注釈の関連付け

モデル内で注釈とブロックまたは領域との間にラインを追加できます。これらの注釈コネクタは両端で動的に関連付けられるため、接続を維持するために必要に応じて移動およびサイズ変更されます。

  1. 注釈のアウトライン上で、ラインを開始する位置にカーソルを置きます。

  2. カーソルが十字形の場合、ラインを終了するブロックまたは領域までラインをドラッグします。

ヒント

注釈コネクタの色または幅を指定するには、注釈コネクタを右クリックし、[書式設定] メニューを使用します。

注釈の非表示

既定では、すべての注釈はモデルに表示されます。注釈を非表示にするには、まず、マークアップに変換して非表示に設定します。次に、[書式設定] タブで、[マークアップを表示] をクリックします。

注釈を非表示または表示に設定できます。

  1. 注釈を右クリックします。

  2. コンテキスト メニューで、[マークアップに変換] を選択します。

設定した背景色に関係なく、マークアップ注釈は薄い青の背景で表示されます。マークアップ注釈を通常の注釈に戻すと、注釈は設定していた背景色に戻ります。

マークアップ注釈を通常の注釈 (非表示できない注釈) に変更するには、注釈のコンテキスト メニューで、[注釈に変換] を選択します。

すべてのマークアップ注釈を非表示にするには、[書式設定] タブで、[マークアップを非表示] をクリックします。

非表示のマークアップ注釈を表示するには、[書式設定] タブで、[マークアップを表示] をクリックします。

メモ

モデル参照階層では、[マークアップを表示] および [マークアップを非表示] は、現在のモデル参照レベルにのみ適用されます。

注釈コールバック関数

以下のコールバック関数を注釈と関連付けることができます。

クリック関数-  リンクを使用すると、注釈を対話型にできます。または、クリック関数コールバックの追加によって、注釈を対話型にすることができます。クリック関数は、注釈がクリックされたときに Simulink が実行する MATLAB 関数です。

クリック関数コールバックは、プログラミングまたは対話形式で追加できます。クリック関数をプログラミングで作成するには、Simulink.Annotation を参照してください。対話的に作成するには、注釈へのクリック関数の関連付けを参照してください。

クリック関数に関連付けられた注釈のテキストは青字で表示されます。

読み込み関数-  Simulink は、関連付けられた注釈を含むモデルを読み込むときに、読み込み関数を実行します。読み込み関数を注釈と関連付けるには、注釈の LoadFcn プロパティを目的の関数に設定します (Simulink.Annotation を参照)。

削除関数-  削除関数は、注釈を削除する前に呼び出されます。削除関数を注釈と関連付けるには、注釈の DeleteFcn プロパティを目的の関数に設定します (Simulink.Annotation を参照)。

注釈へのクリック関数の関連付け-  クリック関数を注釈に対話的に関連付けることができます。

  1. 注釈を追加します。

  2. [注釈プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。注釈を右クリックして [プロパティ] を選択します。

  3. [ClickFcn] タブを開きます。[ClickFcn] の下のテキスト ボックスにクリック関数を定義する MATLAB コードを入力し、[OK] をクリックします。

ヒント

または、注釈テキストをクリック関数として使用できます。次に、[注釈プロパティ] ダイアログ ボックスで、[注釈テキストをクリック コールバックとして使用] チェック ボックスをオンにします。

クリック関数の注釈の選択と編集-   クリック関数に注釈を関連付ける場合、クリックによって注釈は選択されず、関数が呼び出されます。選択するには、注釈の周りに選択ボックスをドラッグします。編集するには右クリックして [テキストの編集] または [プロパティ] を選択します。

関連するトピック

参考