ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バリアント コンフィギュレーションの作成と検証

この例では、モデルのバリアント コンフィギュレーションを作成して検証する方法を示します。

手順 1: バリアント マネージャーを開く

  1. バリアント コンフィギュレーションを作成するモデルを開きます。たとえば、Variant Source、Variant Sink、および Variant Subsystem ブロックを含むモデルについて検討します。

  2. バリアントのバッジを右クリックして [バリアント マネージャーで開く] を選択します。

手順 2: バリアント コンフィギュレーションの定義

[バリアント コンフィギュレーション データ] ペインを使用し、バリアント コンフィギュレーションを定義して保存できます。各ペインの詳細については、バリアント マネージャーの概要を参照してください。

  1. [バリアント コンフィギュレーション データ] ペインで、[コンフィギュレーション] タブをクリックします。

  2. をクリックします。バリアント コンフィギュレーションが追加されます。[名前] 列にこのコンフィギュレーションの名前を入力します。

  3. [コンフィギュレーション] ペインの制御セクションで、[制御変数] タブをクリックします。

  4. グローバル ワークスペースからバリアント コンフィギュレーションの制御変数をインポートするには、 または をクリックして新しい制御変数をモデルに追加します。

  5. バリアント マネージャーの左上に表示される [名前] ボックスにバリアント コンフィギュレーションの名前を入力します。

  6. バリアント コンフィギュレーションの情報をグローバル ワークスペースにエクスポートするには、 をクリックします。これで、モデルのバリアント コンフィギュレーションが作成されました。

手順 3: バリアント コンフィギュレーションの有効化と検証

バリアント コンフィギュレーションを有効にするには、[コンフィギュレーション] セクションからコンフィギュレーションを選択して、[アクティブにする] ボタンをクリックします。[アクティブにする] ボタンによって、モデルで選択されたコンフィギュレーションの検証と適用が行われます。

メモ

バリアント条件に基づいてモデルを削減するには、[モデルの削減] をクリックします。詳細については、バリアント ブロックを含むモデルの削減を参照してください。

関連する例

詳細