ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

validate

SimulationInput オブジェクト in の内容を検証

構文

in.validate

説明

in.validate は、SimulationInput オブジェクトを介して実行されたモデルの変更を検証します。このメソッドでは、SimulationInput オブジェクトを介してモデルに加えたすべての変更を検証します。

すべて折りたたむ

この例では、SimulationInput オブジェクトを介してモデルの変数を変更し、検証します。

モデルを開きます。

mdl = 'sldemo_househeat';
open_system(mdl);

このモデルの SimulationInput オブジェクトを作成します。

in = Simulink.SimulationInput(mdl);

モデル パラメーターの変更

in = in.setModelParameter('InvalidParamName','5');

この変更を検証します。

in.validate

R2017a で導入