ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB System ブロックを使用した FIR システムのシステム同定

この例では、MATLAB System ブロックを使用して、System object™ を使用する Simulink® ブロックを実装する方法を示します。2 つの MATLAB System ブロックを取り上げます。ブロック ダイアログから [ソース コード] ハイパーリンクをクリックすると、各 System object の MATLAB ソース コードにアクセスします。

  • Delay ブロックは、直達が false に設定された System object を使用します。これは、System object は出力を計算するために、入力を直接使用しないということを意味します。したがって、代数ループを導入しなくても、フィードバック システムで Delay ブロックを安全に使用できます。

  • LMS Adaptive Filter ブロックは、Unknown System および Delay ブロックで形成される未知のシステムの係数を推定します。その入力は目的の信号かつ実際の信号です。その出力は推定された信号で、推定された係数の誤差のベクトル ノルムです。

  • [スコープ] には、推定される信号の誤差と、推定される係数の誤差のベクトル ノルムが表示されます。