このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

State Control

同期リセットを指定し、状態をもつブロックの動作をイネーブルにする

ライブラリ

HDL Coder™/HDL Subsystems

説明

Synchronous モードの State Control ブロックは、状態をもつブロック、リセット端子またはイネーブル端子をもつブロックの HDL シミュレーション動作を改善します。Classic モードでのシミュレーション動作は、サブシステム内に State Control ブロックを追加しなかった場合と同じです。

Synchronous モードのブロックを使用する場合、Simulink® のシミュレーション動作はデジタル ハードウェアの動作とかなり厳密に一致します。

HDL Coder をインストールしている場合、Synchronous モードの State Control ブロックを使用してより明確な HDL コードを生成できます。詳細については、State Control を参照してください。

パラメーター

状態制御

同期セマンティクスまたはクラッシック セマンティクスのどちらを使用するか指定します。既定の設定は [同期] です。

制限

Simulink で State Control ブロックを使用する場合、以下の制限が適用されます。HDL Coder におけるこのブロックの動作の詳細については、HDL Coder ドキュメンテーションの State Control を参照してください。

ブロックレベルの制限

  • S-Function ブロックの同期セマンティクスの場合は、メソッド ssSetStateSemanticsClassicAndSynchronoustrue に設定します。

  • リセット端子を含む Discrete-Time Integrator ブロックは同期セマンティクスをサポートしません。

  • If ブロックおよび Switch Case ブロックに接続されているすべてのアクション サブシステムのセマンティクスは同じ (クラッシックまたは同期いずれか) でなければなりません。

  • 以下のブロックは同期モードでは使用できません。

    • 連続時間ブロックおよび連続レートを含むブロック

    • [入力処理] が、このパラメーターが適用される [チャネルとしての列 (フレーム ベース)] に設定された Simulink ブロック

    • Trigger ブロック

    • From Workspace ブロック

    • Unit Delay Resettable ブロックと Unit Delay External IC ブロックなどの Simulink の [Additional Math & Discrete][Additional Discrete] サブライブラリ内にある単位遅延ブロックのセット

サブシステムレベルの制限

  • クラッシック セマンティクスを使用する条件付きサブシステムは、同期セマンティックスを使用するサブシステムをもつことができません。

  • State Control ブロックを同期モードで使用する場合、条件付きサブシステムはシングル レートでなければなりません。

  • Synchronous Enabled Subsystem は、リセット サブシステムまたはリセット パラメーター端子を含むことができません。たとえば、サブシステム内に外部リセット端子をもつ Delay ブロックを含めることはできません。

  • 次のブロックは、同期モードではサポートされていません。

モデルレベルの制限

  • 同期セマンティクスでは、可変サイズ信号はサポートされていません。

  • 同期セマンティクスは、モデル境界を超えて伝播されません。親モデルに同期セマンティクスがある場合、参照モデルでは同期セマンティクスを明示的に指定しなければなりません。各参照モデルのルート レベルで、[状態制御] パラメーターが [同期] に設定された State Control ブロックを追加します。

R2016a で導入