Main Content

Simulink.SimulationInput クラス

パッケージ: Simulink
スーパークラス:

複数または個々のシミュレーション用にモデルを変更する SimulationInput オブジェクトを作成

説明

Simulink.SimulationInput オブジェクトを使用して、モデルを変更し、その変更した状態でシミュレーションを実行できます。これらの変更は、モデルに一時的に適用されます。Simulink.SimulationInput オブジェクトを使用して、次を変更できます。

  • 初期状態

  • モデル パラメーター

  • ブロック パラメーター

  • 外部入力

  • 変数

Simulink.SimulationInput オブジェクトにより、関数 setPreSimFcnsetPostSimFcn を使用して、各シミュレーションの開始時と終了時に MATLAB® 関数が実行されるように指定することもできます。

作成

simIn = Simulink.SimulationInput(modelName) は、モデルの SimulationInput オブジェクトを作成します。

入力引数

すべて展開する

モデルの名前。string または文字ベクトルとして指定します。

例: simIn = Simulink.SimulationInput('cstr')

プロパティ

すべて展開する

SimulationInput オブジェクトが作成されるモデルの名前。

シミュレーション用のモデルの初期状態。Simulink.op.ModelOperatingPoint オブジェクトとして指定します。

シミュレーションのモデルに追加される外部入力。

変更されるモデルのブロック パラメーター。

変更されるモデルの変数。

変更されるモデルのモデル パラメーター。

シミュレーションの開始前に実行する MATLAB 関数。

各シミュレーションの完了後に実行する MATLAB 関数。

シミュレーションの簡単な説明。文字配列または string として指定します。

メソッド

メソッド

目的

setModelParameter

SimulationInput オブジェクトによって、特定のシミュレーションに使用するモデル パラメーターを設定

setBlockParameter

SimulationInput オブジェクトを使用して特定のシミュレーションに使用されるブロック パラメーターを設定

setInitialState

SimulationInput オブジェクトを使用して特定のシミュレーションに使用する初期状態を設定

setExternalInput

SimulationInput オブジェクトを使用してシミュレーションに外部入力を設定

setVariable

SimulationInput オブジェクトを使用してシミュレーションの変数を設定

setPreSimFcn

SimulationInput オブジェクトを使用して、各シミュレーションの開始前に MATLAB 関数が実行されるように指定します。

setPostSimFcn

SimulationInput オブジェクトを使用して、シミュレーションが完了するたびに MATLAB 関数が実行されるように指定します。

applyToModel

SimulationInput オブジェクトを使用して指定されたモデルに変更を適用

validate

SimulationInput オブジェクトの内容を検証

loadVariablesFromMATFile

Simulink.SimulationInput オブジェクトに MAT ファイルから変数を読み込みます。

すべて折りたたむ

SimulationInput オブジェクトを作成します。

モデルを開きます。

openExample('simulink/OpenTheModelExample');
open_system('ex_sldemo_househeat');
load_system('ex_sldemo_househeat')

モデルに対して単一の SimulationInput オブジェクトを作成します。

model = 'ex_sldemo_househeat';
simIn = Simulink.SimulationInput(model);

この例では、SimulationInput オブジェクトの配列を作成する方法を示します。

for ループを使用して SimulationInput オブジェクトの配列を作成します。

model = 'vdp';
for k = 10:-1:1
   simIn(k) = Simulink.SimulationInput(model);
end

この例では、SimulationInput オブジェクトを介してモデルのブロック パラメーターを変更します。

モデルを開きます。

openExample('simulink/OpenTheModelExample');
open_system('ex_sldemo_househeat');
load_system('ex_sldemo_househeat')

このモデルの SimulationInput オブジェクトを作成します。

mdl = 'sldemo_househeat';
simIn = Simulink.SimulationInput(mdl);

ブロック パラメーターを変更します。

simIn = setBlockParameter(simIn,'ex_sldemo_househeat/Set Point',...,
   'Value','300');

モデルをシミュレートします。

out = sim(simIn);

この例では、Dataset オブジェクトを使用して、Simulink.SimulationInput オブジェクトに外部入力を設定する方法を説明します。

モデルを開きます。

mdl = 'sldemo_mdlref_counter';
open_system(mdl);

このモデルのための Dataset オブジェクトを作成します。

t = (0:0.01:10)';
ds = Simulink.SimulationData.Dataset;
ds = setElement(ds,1,timeseries(5*ones(size(t)),t));
ds = setElement(ds,2,timeseries(10*sin(t),t));
ds = setElement(ds,3,timeseries(-5*ones(size(t)),t));

Simulink.SimulationInput オブジェクトを作成し、外部入力を設定します。

simIn = Simulink.SimulationInput('sldemo_mdlref_counter');
simIn = setExternalInput(simIn,ds);

モデルをシミュレートします。

out = parsim(simIn);

バージョン履歴

R2017a で導入