最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SimulationData.Parameter クラス

パッケージ: Simulink.SimulationData

ログ記録されたパラメーター データとメタデータを保存

説明

Simulink.SimulationData.Parameter オブジェクトはログ記録されたブロック パラメーターのデータとメタデータを保存します。Dashboard ブロックに接続された調整可能なパラメーターは、シミュレーション中にシミュレーション データ インスペクターに記録されます。ログ記録されたパラメーター データにアクセスするために、UI または関数 Simulink.sdi.exportRun を使用してシミュレーション実行をシミュレーション データ インスペクターからエクスポートできます。シミュレーション データ インスペクター UI を使用したシミュレーション実行のエクスポートの詳細については、シミュレーション データ インスペクターからのデータのエクスポートを参照してください。

作成

dataset = Simulink.sdi.exportRun(runID) は、runID に対応する実行にログ記録されたパラメーター データが含まれている場合、Simulink.SimulationData.Parameter オブジェクトを dataset 内の要素として返します。

入力引数

すべて展開する

ログ記録されたパラメーター データが含まれる実行の実行 ID。シミュレーション データ インスペクターによって割り当てられた実行 ID。シミュレーション実行の実行 ID は関数 Simulink.sdi.getAllRunIDs または関数 Simulink.sdi.getRunIDByIndex を使用して取得できます。

出力引数

すべて展開する

実行データとメタデータが含まれる Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクト。実行にログ記録されたパラメーター データが含まれる場合、データセットにはログ記録された各パラメーターの要素として Simulink.SimulationData.Parameter オブジェクトが含まれます。Simulink.SimulationData.Parameter 要素はログ記録されたパラメーターの名前を取得します。Simulink.SimulationData.Parameter オブジェクトには get を使用してアクセスできます。

プロパティ

すべて展開する

Dashboard ブロックのラベルに表示されるパラメーター名。

例: 'Mu:Gain'

パラメーターまたは変数が対応するブロックへのパス。Simulink.SimulationData.BlockPath オブジェクトとして返されます。

例: vdp/Mu

ブロック ダイアログ ボックスに表示されるログ記録されたパラメーターの名前。変数の場合、ParameterName プロパティは空です。

例: 'Gain'

ログ記録された変数の名前。パラメーターの場合、VariableName プロパティは空です。

例: 'Zw'

パラメーター値の timeseries。ログ記録された変数の場合、timeseries 名は変数名です。ログ記録されたパラメーターの場合、timeseries 名は空です。

メソッド

plotシミュレーション データ インスペクターでのシミュレーション出力データのプロット

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

すべて折りたたむ

この例では、ログ記録されたパラメーター データへのアクセス方法を示します。パラメーター データは、Dashboard ブロックをブロック パラメーターに接続すると自動的にシミュレーション データ インスペクターにログ記録されます。パラメーター データはシミュレーションの終了時に他のシミュレーション データと共にワークスペースにエクスポートされません。ログ記録されたパラメーター データは、それが含まれる実行をシミュレーション データ インスペクターからエクスポートすることによってアクセスできます。

パラメーター データのログ記録

Mu ブロックのゲイン パラメーターに接続された Edit ブロックを使用して、vdp モデルの修正バージョンであるモデル ex_vdp_param のシミュレーションを実行します。パラメーター データはログ記録のためにマークされた信号の信号データでログ記録されます。

sim('ex_vdp_param');

実行のエクスポート

シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用して、ex_vdp_param シミュレーションの実行 ID を取得し、実行をエクスポートします。

index = Simulink.sdi.getRunCount;
runID = Simulink.sdi.getRunIDByIndex(index);

dataset = Simulink.sdi.exportRun(runID);

パラメーター データへのアクセス

get メソッドを使用してログ記録されたパラメーター データの Simulink.SimulationData.Parameter オブジェクトにアクセスします。Values プロパティにはパラメーターの時系列データが含まれています。

muGain = dataset.get('Mu:Gain')
muGain = 
  Simulink.SimulationData.Parameter
  Package: Simulink.SimulationData

  Properties:
         Name: 'Mu:Gain'
    BlockPath: [1x1 Simulink.SimulationData.BlockPath]
       Values: [1x1 timeseries]


  Methods, Superclasses

R2018a で導入