ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

plot

クラス: Simulink.SimulationData.Dataset
パッケージ: Simulink.SimulationData

[信号のプレビュー] ウィンドウまたはシミュレーション データ インスペクターでデータセット要素をプロットする

構文

plot(ds)
plot(ds,viewer)

説明

plot(ds) は、ゼロ次ホールドまたは線形内挿を使ってサンプル間に値を内挿し、時間に対する Simulink.SimulationData.Dataset 要素をプロットします。プロットは、[信号のプレビュー] ウィンドウでは読み取り専用のプロットとして表示されます。

plot(ds,viewer) は、viewer の値に応じて、[信号のプレビュー] ウィンドウまたはシミュレーション データ インスペクターにプロットを表示します。

入力引数

すべて展開する

プロットする要素を含むデータセット。

プロットを表示するビューアー。preview ([信号のプレビュー] ウィンドウ) または sdi (シミュレーション データ インスペクター) として指定します。

すべて展開する

timeseries オブジェクト ts を作成し、シミュレーション データ インスペクターにプロットする要素を追加します。

% Create a timeseries object
ts = timeseries([0;20],[0;10]);            
% Create a SimulationData.Dataset
ds = Simulink.SimulationData.Dataset();
% Place timeseries object in dataset
ds = ds.addElement(ts,'ts');
% Plot the element
plot(ds,'sdi');

R2016b で導入