Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLABFunctionConfiguration

MATLAB 関数ブロックのプロパティのブログラムでの構成

説明

MATLABFunctionConfiguration オブジェクトは、description、サンプル時間、関数スクリプトなどの MATLAB Function ブロック プロパティを制御します。get_param を使用して構成オブジェクトを作成し、ドット表記を使用してオブジェクトのプロパティ値を変更できます。

作成

myMFBConfigobj = get_param(gcb, 'MATLABFunctionConfiguration') は、選択された MATLAB Function ブロックについての MATLAB Function ブロックの構成オブジェクトを作成します。

プロパティ

すべて展開する

モデルに関連する MATLAB Function ブロックのパスを表示します。

データ型: char

MATLAB Function ブロックのスクリプトを表示します。

データ型: char

ブロックの更新メソッド。列挙型の文字列として指定します。

次のいずれかの値を使用して UpdateMethod を指定します。

  • InheritedMATLAB Function ブロックへの入力が、シミュレーション中にいつブロックが更新されるかを決定します。入力は、接続された Simulink® ブロックから発したトリガー端子の信号によって明示的にトリガーされます。UpdateMethod'Inherited' に変更されると、サンプル時間は自動的に -1 に設定されます。

  • Discrete — Simulink モデルが通常の時間間隔で暗黙的なイベントを生成して、SampleTime プロパティで指定するレートでブロックを起動します。モデルの他のブロックは、異なるサンプル時間をもつ可能性があります。

  • ContinuousMATLAB Function ブロックがメジャー タイム ステップでのみ更新されます。ただし、出力とローカル連続変数はマイナー タイム ステップとメジャー タイム ステップで計算されます。UpdateMethod'Continuous' に変更されると、サンプル時間は自動的に 0 に設定されます。

UpdateMethodInherited または Continuous に設定して SampleTime の変更を試みると、Simulink は警告を表示して入力されたサンプル時間を無視します。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [更新方法] を選択する方法に変更します。

データ型: enumerated

MATLAB Function ブロックのサンプル時間を変更します。サンプル時間は UpdateMethodDiscrete に設定されている場合にのみ有効です。UpdateMethod'Continuous' または 'Inherited' に設定されている場合、サンプル時間に加えられたいかなる変更も無視されます。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [サンプル時間] を変更します。

データ型: char

ブロックの説明。文字ベクトルとして指定します。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [説明] を必要に応じて変更します。

データ型: char

ブロックのドキュメンテーション リンク。文字ベクトルとして指定します。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [ドキュメント リンク] を該当するドキュメントのリンクに変更します。

データ型: char

シミュレーションで可変入力データ次元と可変出力データ次元をサポートするかどうかを指定します。

UI の使用

この設定をオンにするには [端子とデータの管理] を開いて [可変サイズの配列をサポート] をチェックします。

データ型: logical

ブロックに直達があるかどうかを表示し変更します。ブロックの出力がブロックの入力に直接的に依存している場合、ブロックには直達があると見なされます。ブロックの出力がブロックの入力よりも内部状態やプロパティに依存している場合、ブロックには直達がないと見なされます。

UI の使用

この設定をオンにするには [端子とデータの管理] を開いて [直達を許可] をチェックします。

データ型: logical

整数のオーバーフローが飽和するかどうかを指定します。この設定が true に設定されている場合、オーバーフローは、データ型が表現できる最小値または最大値のいずれかに飽和します。この設定が false の場合、オーバーフローは、データ型によって表現される適切な値にラップされます。モデルにオーバーフローがありうる場合で、生成されたコードで飽和保護を適用する場合は、この設定をオンにすることを推奨します。パフォーマンス上の制約があり、整数オーバーフローの心配がない場合は、このプロパティを false に設定できます。

UI の使用

この設定をオンにするには [端子とデータの管理] を開いて [整数オーバーフローで飽和] ボックスをチェックします。

データ型: logical

fi データ型として取り扱うデータ型を指定します。fi オブジェクトの詳細については、fi オブジェクト プロパティ (Fixed-Point Designer)を参照してください。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [これらの継承される Simulink 信号タイプを fi オブジェクトとして扱う] メニューからオプションを選択します。

データ型: string

使用する固定小数点の算術設定を指定します。現在の MATLAB® 固定小数点の算術設定を使用することも、エディット ボックスを有効にして希望する固定小数点の算術設定を指定することもできます。固定小数点の算術の詳細については、fimath (Fixed-Point Designer) を参照してください。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [MATLAB 関数 fimath] 設定から選択します。

データ型: string

使用する構築関数 fimath を指定します。fimath(...'PropertyName',PropertyValue...) では、プロパティ名とプロパティ値のペアを使用して fimath オブジェクトの属性を設定することができます。fimath オブジェクトのプロパティの詳細については、fimath オブジェクト プロパティ (Fixed-Point Designer)を参照してください。

UI の使用

[端子とデータの管理] を開いて [MATLAB 関数 fimath] ボックスを適切な fimath 式で編集します。

データ型: string

MATLAB Function ブロックの構成オブジェクトの作成

この例では、'sldemo_radar_eml' モデルを使用して MATLAB Function ブロックの構成オブジェクトを作成します。

open_system('sldemo_radar_eml')
myMFBConfig = get_param('sldemo_radar_eml/MATLAB Function','MATLABFunctionConfiguration');
myMFBConfig.Description = 'Radar data processing tracker using Extended Kalman';
R2019b で導入