ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.data.dictionary.Section クラス

パッケージ: Simulink.data.dictionary
スーパークラス:

データ ディクショナリ セクションを設定

説明

Simulink.data.dictionary.Section クラスのオブジェクトはデータ ディクショナリの 1 つのセクション ([Design Data] や [Configurations] など) を表します。このオブジェクトを使用して、エントリの追加や削除、ファイルからのデータのインポートなど、セクションに対する操作を実行できます。

Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトを作成する前に、ターゲットのデータ ディクショナリを表す Simulink.data.Dictionary オブジェクトを作成しなければなりません。作成後の Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトは、Simulink.data.Dictionary オブジェクトから独立した存在になります。

データ ディクショナリのプログラミング用インターフェイス (プログラムによるディクショナリへのデータの格納を参照) は、データ ディクショナリの [Embedded Coder] セクションへのアクセスには使用できません。代わりに、Embedded Coder ディクショナリを参照してください。

構築

Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトは関数 getSection で作成されます。

プロパティ

すべて展開する

データ ディクショナリ セクションの名前。文字ベクトルとして返されます。このプロパティは読み取り専用です。

メソッド

addEntryデータ ディクショナリ セクションに新しいエントリを追加
assigninデータ ディクショナリ エントリに値を代入
deleteEntryデータ ディクショナリ エントリを削除
evalinデータ ディクショナリ セクションの MATLAB 式を評価
existデータ ディクショナリ エントリがあるかどうかをチェック
exportToFileデータ ディクショナリ エントリをセクションから MAT ファイルまたは MATLAB ファイルにエクスポート
find データ ディクショナリ セクションを検索
getEntryデータ ディクショナリ エントリを表す Simulink.data.dictionary.Entry オブジェクトを作成
importFromFile変数を MAT ファイルまたは MATLAB ファイルからデータ ディクショナリ セクションにインポート

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

すべて折りたたむ

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd を開き、myDictionaryObj という名前の Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.open('myDictionary_ex_API.sldd');

データ ディクショナリ myDictionary_ex_API.sldd の [Design Data] セクションを dDataSectObj という名前の Simulink.data.dictionary.Section オブジェクトで表します。

dDataSectObj = getSection(myDictionaryObj,'Design Data')
dDataSectObj = 

  Section with properties:

    Name: 'Design Data'

R2015a で導入