ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BusElement クラス

パッケージ: Simulink
スーパークラス:

バス信号の要素を記述

説明

Simulink.BusElement クラスのオブジェクトは、バス内の信号のプロパティを指定します。バス要素オブジェクトは、バス内の信号のプロパティを検証します。Simulink.Bus オブジェクトにはバス要素が含まれます。バス要素はバス オブジェクト内にのみ存在します。ブロック パラメーター値としてバス オブジェクトは指定できますが、バス要素は指定できません。モデルのシミュレーションを実行したり、ブロック線図を更新するときに、Simulink® では、ブロックに接続されているバス内の信号にバス要素で指定されたプロパティがあるかどうかチェックされます。指定されたプロパティをもたない場合、Simulink はエラー メッセージを表示します。

Simulink バス エディター (バス エディターによるバス オブジェクトの作成を参照)、または MATLAB® コマンド (プログラムによるバス オブジェクトの作成を参照) を使用して、ベース MATLAB ワークスペースにバス オブジェクトとバス要素を作成および変更できます。

構築

busElementName = Simulink.BusElement は、次のプロパティ値をもつバス要素を返します。

              Name: 'a'
        Complexity: 'real'
        Dimensions: 1
          DataType: 'double'
               Min: []
               Max: []
    DimensionsMode: 'Fixed'
        SampleTime: -1
              Unit: ''
       Description: ''

出力引数

すべて展開する

バス要素。Simulink.BusElement オブジェクトとして返されます。

プロパティ

すべて展開する

バス要素の名前。文字ベクトルとして指定します。

バス要素の数値型。'real' または 'complex' として指定します。

バス要素の次元。配列として指定します。

バス要素のデータ型。組み込みの Simulink データ型または Simulink.NumericType オブジェクトとして指定します。組み込みのデータ型の例には、doubleuint8 があります。DataTypeMode プロパティが 'Fixed-point: unspecified scaling' 以外の値に設定されている Simulink.NumericType オブジェクトを指定できます。バス オブジェクトを指定すると、階層的なバス (すなわち、他のバスを含むバス) を指定するバス オブジェクトを作成できます。

バス要素の最小値。double として指定します。この値は double の有限実数スカラー値でなければなりません。または、要素がバスの場合、値は空 [] でなければなりません。

バス要素の最小値。double として指定します。この値は double の有限実数スカラー値でなければなりません。または、要素がバスの場合、値は空 [] でなければなりません。

バス要素のサイズの処理方法を、'Fixed' または 'Variable' として指定します。

バス要素のサンプル時間。double として指定します。サンプル時間は、信号の値を再計算しなければならない時間の間の間隔のサイズです。次の条件に該当する場合は、既定値の -1 を使用します。

  • バス要素がバスである場合。

  • この要素を含むバスが、Rate Transition ブロックなど、バスのサンプル時間を変更するブロックを通過する場合。

バス要素を表す物理単位。文字ベクトル ('inches' など) として指定します。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

すべて折りたたむ

CONTROL バス オブジェクトとそのバス要素を作成します。バス オブジェクトはベース ワークスペースに格納されます。

clear elems;
elems(1) = Simulink.BusElement;
elems(1).Name = 'VALVE1';
elems(1).Dimensions = 1;
elems(1).DimensionsMode = 'Fixed';
elems(1).DataType = 'double';
elems(1).SampleTime = -1;
elems(1).Complexity = 'real';

elems(2) = Simulink.BusElement;
elems(2).Name = 'VALVE2';
elems(2).Dimensions = 1;
elems(2).DimensionsMode = 'Fixed';
elems(2).DataType = 'double';
elems(2).SampleTime = -1;
elems(2).Complexity = 'real';

CONTROL = Simulink.Bus;
CONTROL.Elements = elems;

このスクリプトは、バス オブジェクトを MATLAB ファイルに保存し、[オブジェクト] 形式を選択して取得するファイルに似ています。バス オブジェクトの保存の詳細については、バス オブジェクトの保存とインポートを参照してください。

代替方法

バス エディターを使用してバス オブジェクトとそのバス要素を対話的に作成できます。詳細については、バス エディターによるバス オブジェクトの作成を参照してください。

プログラムにより、次からバス オブジェクトとバス要素を作成できます。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2016b での開始は非推奨

R2006a より前に導入