ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

setVariable

SimulationInput オブジェクト in を使用してシミュレーションの変数を設定

説明

in = in.setVariable('Name', 'Value')Value を変数 Name に割り当てます。同じ SimulationInput オブジェクトを使用して、複数の変数をモデルに追加できます。

in = in.setVariable('Name', 'Value','Workspace', 'ModelName') は、Value を変数 Name に割り当てます。SimulationInput オブジェクトにより定義された変数は、既定で "グローバル ワークスペース" スコープに配置されます。"グローバル ワークスペース" は、Simulink.SimulationInput オブジェクトとそのメソッドに固有の用語です。同じ名前の変数がベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリ内に存在する場合、"グローバル ワークスペース" スコープ内の変数が優先されます。モデル ワークスペースの変数は、"グローバル ワークスペース" スコープよりも優先されます。モデル ワークスペース変数の値を変更するには、変数を SimulationInput オブジェクトに追加するときに、モデル名を指定してスコープを設定します。

setVariable メソッドを使用中、一度に指定できる変数は 1 つだけです。

getVariable('VariableName') メソッドを使用すると、変数の値を取得でき、removeVariable('VariableName') メソッドを使用すると、Simulink.SimulationInput オブジェクトから変数を削除できます。

非スカラー変数、構造体変数およびパラメーターの使用の詳細については、非スカラー、構造体およびパラメーター オブジェクトのスイープを参照してください。

すべて折りたたむ

この例では、SimulationInput オブジェクトを介してモデル パラメーターを変更します。

モデルを開きます。

mdl = 'sldemo_househeat';
open_system(mdl);

このモデルの SimulationInput オブジェクトを作成します。

in = Simulink.SimulationInput(mdl);

変数値を 50 に設定します。

in = in.setVariable('cost',50);

既定では、この変数はグローバル ワークスペース スコープに配置されます。

モデルのシミュレーションを実行します。

out = sim(in)

この例では、SimulationInput オブジェクトを介して sldemo_househeat のモデル パラメーターを変更します。

パスを設定して、モデルを開きます。

mdl = 'sldemo_househeat';
open_system(mdl);

このモデルの SimulationInput オブジェクトを作成します。

in = Simulink.SimulationInput(mdl);

変数を 50 に設定し、スコープをモデル ワークスペースに設定します。

in = in.setVariable('cost',50,'Workspace','sldemo_househeat');

モデルのシミュレーションを実行します。

out = sim(in)

入力引数

すべて折りたたむ

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で Value は変数のリテラル値です。Name は一重引用符 (' ') で囲まなければなりません。

例: 'StartTime','1'

モデル名を指定して定義された変数のスコープを設定

例: 'Workspace', 'sldemo_househeat'

R2017a で導入