ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

Serializer1D

ベクトル信号をスカラーまたは小さいベクトルに変換

ライブラリ

HDL Coder / HDL Operations

説明

Serializer1D ブロックは、[Ratio][Idle Cycle] の値に基づいて低速のベクトル信号をスカラー信号またはサイズの小さいベクトル信号の高速ストリームに変換します。高速なシリアル化された出力と一致させるために、サンプル時間は次の方程式に従って変更されます。

入力データがサイズ 4 のベクトルで、[Ratio] が 4 に設定された次の例を考えます。

出力データによって各ベクトル信号は 4 つのスカラー信号にシリアル化されます。出力されるサンプル時間は、 になります。

各出力の最後にアイドル サイクルを追加するには、[Idle Cycles] にゼロより大きい整数を指定します。[Ratio] が 4 に設定され [Idle Cycles] が 2 に設定された次の例を考えます。

各低速のベクトル信号に対して、出力には 4 つのシリアル化されたスカラー信号と 2 つのアイドル サイクルで構成される 6 つの高速サイクルがあります。出力されるサンプル時間は、Output Sample Time=Input Sample Time/6 になります。

Serializer1D ブロックは 3 つの制御信号を提供します ([ValidIn][ValidOut][StartOut])。[ValidIn] を使用して [ValidOut][StartOut] を制御できます。シリアル化された出力は [ValidIn] に依存しません。シリアル化された出力データが有効であるかどうかを判断するには、[ValidIn][ValidOut] を使用します。[ValidIn] に高い入力を指定し、アイドル サイクルがない場合、[ValidOut] は高い出力を表示します。これは、シリアル化された出力データが有効であることを示しています。

入力データがサイズ 4 のベクトルであり、[Ratio] が 4 に設定され、[Idle Cycles] が 2 に設定されており、3 つすべての制御信号を使用する例について考えます。

最初の入力ベクトル ABCD では、[ValidIn] は false です。[StartOut][ValidOut] は false になります。これは、出力データの値が有効でないことを意味します。波形では、データ値は X として表されます。これは don’t care 値に相当します。

2 番目の入力ベクトル ABCE では、[ValidIn] は true です。出力データは、ベクトルを 4 つのスカラー信号にシリアル化します。制御信号 [StartOut] は出力 A で true になり、逆シリアル化の開始を示します。次のサイクルでは、[StartOut] 信号は false になります。[ValidOut] は 4 つすべての出力信号で true であり、出力データが 4 つのサイクルに対して有効であることを示しています。[ValidOut] はアイドル サイクル中は false になり、出力データ値は don’t care 値です。

HDL コード生成

生成される HDL コードと合致するシミュレーション結果を得るには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [ソルバー] ペインで、[各離散レートを個別のタスクとして扱う] チェック ボックスをオフにしてください。このチェック ボックスをオフにすると、シングルタスク モードが有効になります。

[各離散レートを個別のタスクとして扱う] をオンにしてこのブロックをシミュレートした場合、マルチタスク モードが有効になります。出力データを同じサイクル内に更新できますが、生成された HDL コードの出力データは 1 サイクル後に更新されます。

パラメーター

Ratio

シリアル化係数。正のスカラーで指定します。既定の設定は 1 です。

比率は、入力ベクトルのサイズを出力ベクトルのサイズで割った値と等しくなります。入力ベクトルのサイズは比率で割り切れなければなりません。

Idle Cycles

各出力の最後に追加するアイドル サイクルの数。既定の設定は 0 です。

ValidIn

ValidIn 端子を有効にします。既定の設定は off です。

StartOut

StartOut 端子を有効にします。既定の設定は off です。

ValidOut

ValidOut 端子を有効にします。既定の設定は off です。

Input data port dimensions (-1 for inherited)

入力データ信号のサイズ。入力ベクトルのサイズは比率で割り切れなければなりません。既定では、ブロックはモデル内のコンテキストに基づいてサイズを継承します。

Input sample time (-1 for inherited)

サンプル時間ヒットの時間間隔、または連続などの他の適切なサンプル時間。既定では、ブロックはモデル内のコンテキストに基づいてサンプル時間を継承します。詳細については、サンプル時間を参照してください。

Input signal type

ブロックの入力信号タイプ。[auto][real] または [complex] として指定します。既定の設定は [auto] です。

端子

P

シリアル化する入力信号。バス データ型はサポートされません。

ValidIn

入力制御信号。この端子は、[ValidIn] チェック ボックスをオンにした場合に使用可能になります。

データ型: boolean

S

シリアル化された出力信号。バス データ型はサポートされません。

StartOut

逆シリアル化を開始する位置を示す出力制御信号。この信号は、Deserializer1D ブロックに対する [StartIn] 入力として使用することができます。この端子を使用するには、[StartOut] チェック ボックスをオンにします。

データ型: boolean

ValidOut

出力信号が有効であることを示す出力制御信号。この信号は、Deserializer1D ブロックに対する [ValidIn] 入力として使用することができます。この端子は、[ValidOut] チェック ボックスをオンにした場合に使用可能になります。

データ型: boolean

R2014b で導入