Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

refreshSourceControl

(非推奨) プロジェクト ファイルのソース管理ステータスの更新

simulinkproject は推奨されません。代わりに currentProject または openProject を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

説明

refreshSourceControl(proj) は、プロジェクト proj のすべてのファイルのソース管理ステータスを更新します。これは、個々のファイルで SourceControlStatus プロパティをクエリする前に最新のソース管理情報を取得するために使用します。

listModifiedFiles を使用してプロジェクトのすべての変更済みファイルを検索する場合は、最初に refreshSourceControl を呼び出す必要はありません。

すべて折りたたむ

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

個々のファイルでクエリを実行する前にソース管理ステータスを更新します。

refreshSourceControl(proj)

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインでプロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019a 以降は非推奨

R2016a で導入