Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデルのサンプル時間を使用したワークスペースからの構造体の読み取り

この例では、From Workspace ブロックで指定されたサンプル時間を使用して MATLAB ワークスペースから構造体を読み取る方法を示します。モデルを開くと、次のコードが PreLoadFcn コールバックで実行されます。

t = 0.2 * [0:49]';
x = sin(t);
y = 10*sin(t);
wave.time = [];
wave.signals.values = [x,y];
wave.signals.dimensions =2;

From Workspace ブロックは次のように設定されます。

  • サンプル時間: 0.2

  • データを内挿する: オフ

  • 最後のデータ後の出力フォーム: Setting to zero

モデルを実行すると、From Workspace ブロックはワークスペースから構造体 wave を読み取ります。ワークスペース データが使用可能な最後の時間ヒット後に、ブロックは 0 を出力します。