Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ワークスペースからの構造体形式での 2 次元信号の読み取り

この例では、MATLAB ワークスペースから 2 次元構造体を読み取る方法を示します。モデルを開くと、次のコードが PreLoadFcn コールバックで実行されます。

t1 = 0.2 * [0:49]';
m = magic(10);
M = repmat(m,[1 1 length(t1)]);
data.time=t1;
data.signals.values = M;
data.signals.dimensions=[10 10];

このコードでは、関数 magic を使用して、10 行 10 列の行列 (2 次元信号) を作成し、時間ベクトルを追加することにより 3 次元行列を作成します。時間ベクトルは列ベクトルでなければなりません。signals.values フィールドは 3 次元行列で、3 番目の次元は時間に対応します。signals.dimensions フィールドは 2 要素のベクトルです。最初の要素は signals.values フィールドの行数、2 番目の要素は列数です。

モデルを実行すると、From Workspace ブロックはワークスペースから構造体 data を読み取ります。