最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

外部ブレークポイントの仕様の Prelookup

この例では、ブレークポイント データセットを Constant ブロックから Prelookup ブロックの bp 入力端子に送る方法を示します。

Prelookup ブロックは bp 入力端子から次のブレークポイント属性を継承します。

  • 最小値: Inf

  • 最大値: Inf

  • データ型: single

同様に、Constant ブロックによって、テーブル データ値が Interpolation Using Prelookup ブロックの T 入力端子に送られます。このとき、次の属性が継承されます。

  • 最小値: Inf

  • 最大値: Inf

  • データ型: single

Simulink® は、倍精度浮動小数点データを使用して、このモデルの計算を実行します。ただし、このモデルでは、ブレークポイントとテーブル データを単精度浮動小数点データとして保存します。低精度のデータ型を使用してブレークポイントとテーブル データを使用することで、メモリ必要量を低く抑えます。