最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

等間隔ブレークポイントの Prelookup

この例では、Prelookup 内の等間隔ブレークポイント データを指定する方法を示します。

[ブレークポイント データ] セクションで、[指定] パラメーターが [Even spacing] に設定されます。[最初の点][間隔] および [点数] パラメーターはそれぞれ 2512 および 4 に設定されます。これらのパラメーターを指定すると、[25, 37, 49, 61] の 4 つの等間隔ブレークポイントが作成されます。

等間隔ブレークポイントを指定する代替方法は、[仕様] を [Explicit values] に設定し、[値][25:12:61] に設定します。

Simulink® は、倍精度浮動小数点データを使用して、このモデルの計算を実行します。ただし、このモデルではブレークポイントとテーブル データを double として保存します。