このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

S-Function アーティファクトのプロジェクトへの編成

この例は、S-Function に関連付けられているアーティファクトを管理して 1 つのプロジェクトに組み込む方法を示します。

はじめに

プロジェクトは、ソース コード、TLC ファイル、ビルド スクリプト、モデルなどのカスタム ブロックのアーティファクトの開発やメンテナンスのための協調的でスケーラブルな環境を提供します。この例では、そのようなプロジェクトの作成方法を示します。

例を試す

slexSfunctionExamplesProject を実行して、S-Function の例のプロジェクトを開きます。

プロジェクトのショートカットにより、さまざまなカスタム ブロックのアーティファクトに簡単にアクセスできます。各 S-Function には独自のフォルダーがあり、これはさらにアーティファクトのタイプごとに個々のフォルダーに分かれています。

これにより、このプロジェクトは ZIP アーカイブとして他の開発者と、または MATLAB® ツールボックスとしてユーザーと容易に共有できます。

詳細情報

Simulink プロジェクト ドキュメンテーション