Main Content

readall

クラス: matlab.io.datastore.SimulationDatastore
パッケージ: matlab.io.datastore

データ ストアのすべてのデータの読み取り

構文

data = readall(dst)

説明

data = readall(dst) は、dst で指定されたデータストア (matlab.io.datastore.SimulationDatastore オブジェクト) のすべてのデータを返します。

データ ストアのすべてのデータがメモリに収まらない場合、readall はエラーを返します。データ ストアで保持されているサンプル (タイム ステップ) 数を確認するには、SimulationDatastore オブジェクトの NumSamples プロパティを検証します。

入力引数

すべて展開する

入力データ ストア。matlab.io.datastore.SimulationDatastore オブジェクトとして指定します。SimulationDatastore オブジェクトを作成する場合は、matlab.io.datastore.SimulationDatastore を参照してください。

出力引数

すべて展開する

データ ストア内のすべてのデータ。timetable オブジェクトとして返されます。timetable の詳細については、timetableを参照してください。

バージョン履歴

R2017a で導入