ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

loadVariablesFromMATFile

MAT ファイルから Simulink.SimulationInput オブジェクト in に変数を読み込む

説明

in = in.loadVariablesFromMATFile('filename') は、指定した MAT ファイルから Simulink.SimulationInputVariables プロパティに変数を読み込みます。

すべて折りたたむ

この例では、loadVariablesFromMATFile メソッドを使用して MAT ファイルから Simulink.SimulationInput オブジェクトへ変数を読み込む方法を説明します。

Simulink.SimulationInput オブジェクトの作成

このモデル例のために Simulink.SimulationInput オブジェクトを作成します。

mdl = 'ex_loadVar_sldemo_househeat';
in = Simulink.SimulationInput(mdl);
in
in = 

  SimulationInput with properties:

          ModelName: 'ex_loadVar_sldemo_househeat'
       InitialState: [0x0 Simulink.op.ModelOperatingPoint]
      ExternalInput: []
    ModelParameters: [0x0 Simulink.Simulation.ModelParameter]
    BlockParameters: [0x0 Simulink.Simulation.BlockParameter]
          Variables: [0x0 Simulink.Simulation.Variable]
          PreSimFcn: []
         PostSimFcn: []
         UserString: ''

MAT ファイルからの変数の読み込み

Simulink.SimulationInput オブジェクトの loadVariablesFromMATFile メソッドを使用します。

in = in.loadVariablesFromMATFile('sldemo_househeat_data.mat');
in
in = 

  SimulationInput with properties:

          ModelName: 'ex_loadVar_sldemo_househeat'
       InitialState: [0x0 Simulink.op.ModelOperatingPoint]
      ExternalInput: []
    ModelParameters: [0x0 Simulink.Simulation.ModelParameter]
    BlockParameters: [0x0 Simulink.Simulation.BlockParameter]
          Variables: [1x25 Simulink.Simulation.Variable]
          PreSimFcn: []
         PostSimFcn: []
         UserString: ''

モデルのシミュレーション

モデルは、読み込んだ変数をシミュレーションに使用します。

out = sim(in)
out = 

  Simulink.SimulationOutput:
     sldemo_househeat_output: [1x1 Simulink.SimulationData.Dataset] 

          SimulationMetadata: [1x1 Simulink.SimulationMetadata] 
                ErrorMessage: [0x0 char] 

入力引数

すべて折りたたむ

MAT ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'myFile'

R2017a で導入