Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

listRequiredFiles

(非推奨) プロジェクト ファイルの依存関係を取得する

simulinkproject は推奨されません。代わりに currentProject または openProject を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

説明

files = listRequiredFiles(proj,file) は、指定されたファイルの実行に必要なファイルを返します。

すべて折りたたむ

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成して、ファイルを取得します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;
file = 'models/slproject_f14.slx'

指定されたファイルに必要なファイルを取得します。

files = listRequiredFiles(proj, file);

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインでプロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

プロジェクトのルート フォルダーを基準とした、ファイルの拡張子を含むファイルの相対パス。文字ベクトル、ファイルの絶対パスまたはプロジェクト ファイル オブジェクトのインスタンスとして指定します。ファイルはルート フォルダー内になければなりません。

例: ‘models/myModelName.slx’

出力引数

すべて折りたたむ

必要なファイル。文字ベクトルの cell 配列として返されます。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019a 以降は非推奨

R2017a で導入