ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fxptdlg

固定小数点ツールを起動

構文

fxptdlg('modelname')

説明

fxptdlg('modelname') は、modelname で指定する Simulink® モデル用に固定小数点ツールを起動します。以下の方法で、このツールにアクセスすることもできます。

  • Simulink の [解析] メニューから [データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

  • サブシステムのコンテキスト (右クリック) メニューから [固定小数点ツール] を選択します。

固定小数点ツールは、Fixed-Point Designer™ ソフトウェアと共に使用すると、以下へのアクセスが容易になります。

  • 信号ログ、固定小数点の計測機能モードおよびデータ型オーバーライドを制御するモデルやサブシステムのパラメーター (モデル パラメーターを参照)。

  • MATLAB® ワークスペースに存在するデータ、つまり、ログ信号データ (信号のログを参照) の他、Scope ブロック、To Workspace ブロックおよびルートレベルの Outport ブロックに関連するシミュレーション結果をプロットできる機能

  • モデル内の適切に構成されたオブジェクトに固定小数点データ型を指定する対話形式の自動データ型指定機能、および指定したデータ型のユーザーによる選択的受け入れおよび適用

システムまたはサブシステム用に固定小数点ツールを起動できます。このツールは、[設計対象のシステム] ペインで選択されたオブジェクトを制御します。Fixed-Point Designer ソフトウェアがインストールされている場合、固定小数点ツールは、固定小数点データのログとして、名前、データ型、設計の最小値と最大値、シミュレーションの最小値と最大値、各モデル オブジェクトのスケーリングを表示します。さらに、信号が飽和またはオーバーフローする場合、ツールは飽和またはオーバーフローが生じた回数を表示します。

メモ

モデルでアクセラレータまたはラピッド アクセラレータのシミュレーション モードが使用される場合は、範囲の収集中に固定小数点ツールがシミュレーション モードを通常モードに変更し、範囲収集シミュレーションが完了すると元のシミュレーション モードに戻します。

固定小数点データ型の指定のオーバーライド

固定小数点ツールの機能の大部分は、Fixed-Point Designer と共に使用するためのものです。ただし、Fixed-Point Designer ソフトウェアがない場合でも、固定小数点データ型を指定するモデルのシミュレーションにデータ型オーバーライドを構成できます。このモードでは、Simulink は、モデルのシミュレーションをする場合に、固定小数点データ型を浮動小数点データ型で一時的にオーバーライドします。

メモ

モデルまたはワークスペースで fi オブジェクトまたは組み込み数値データ型を使用する場合は、モデルに固定小数点データ型を導入できます。fipref を設定すると、Fixed-Point Designer ライセンスのチェックアウトを回避することができます。

Fixed-Point Designer を使用しないでモデルをシミュレートするには、次の手順に従います。

  1. コマンド ラインで次のように入力します。

    set_param(gcs, 'DataTypeOverride', 'Double',...
     'DataTypeOverrideAppliesTo','AllNumericTypes',...
     'MinMaxOverflowLogging','ForceOff')
  2. モデルで fi オブジェクトまたは組み込み数値データ型を使用する場合、fiprefDataTypeOverride プロパティを TrueDoubles または TrueSingles (モデル全体のデータ型オーバーライド設定と同じもの) に、DataTypeOverrideAppliesTo プロパティを All numeric types に設定します。

    たとえば、MATLAB コマンド ラインで次のように入力します。

     p = fipref('DataTypeOverride', 'TrueDoubles', ...
    		'DataTypeOverrideAppliesTo', 'AllNumericTypes');

R2006a より前に導入