Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

export

(非推奨) プロジェクトを zip にエクスポートする

simulinkproject は推奨されません。代わりに currentProject または openProject を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

説明

export(proj,zipFileName) は、proj プロジェクトを zipFileName で指定された zip ファイルにエクスポートします。この zip アーカイブには、プロジェクトのファイル、構造、ラベル、ショートカットが保存されます。ソース管理情報は保存されません。この zip アーカイブを使用すると、自分のソース管理リポジトリにアクセスできない顧客やサプライヤー、同僚にプロジェクトを送信することができます。受信者はプロジェクト ツールの [新規作成] をクリックし、スタート ページで [アーカイブ] をクリックして zip アーカイブから新しいプロジェクトを作成できます。

export(proj,zipFileName,definitionType) は、プロジェクト定義ファイル (1 つ以上) に対して definitionType で指定された定義を使用して、プロジェクトをエクスポートします。definitionType を指定しない場合、プロジェクトの現在の設定が使用されます。プロジェクト定義ファイル管理のタイプをプロジェクトの作成時の選択から変更する場合は、definitionType エクスポートオプションを使用します。基本設定でプロジェクト定義ファイル管理を制御できます。

すべて折りたたむ

機体のプロジェクトを開き、プロジェクト オブジェクトを作成します。

sldemo_slproject_airframe;
proj = simulinkproject;

プロジェクトを zip ファイルにエクスポートします。

export(proj,'airframeproj.zip')

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインでプロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

zip ファイル名またはパス。ファイル拡張子 .zip で終わる文字ベクトルで指定します。zipFileName がファイル名の場合、 Simulink® はそのファイルを現在のフォルダーにエクスポートします。絶対パスを指定することもできます。

例: 'project.zip'

データ型: char

定義ファイルのタイプ。slproject.DefinitionFiles.SingleFileslproject.DefinitionFiles.MultiFile、または slproject.DefinitionFiles.FixedPathMultiFile として指定します。プロジェクト定義ファイル管理のタイプをプロジェクトの作成時の選択から変更する場合は、definitionType エクスポート オプションを使用します。MultiFile は共有プロジェクトでのマージの問題を避けるのにより適しています。SingleFile のほうが高速ですが、2 人のユーザーの両方が同じプロジェクト内でソース管理ツールに変更を加える場合に、マージの問題が発生しがちです。長いファイル パスを処理しなければならない場合は、FixedPathMultiFile を使用します。

例: export(proj,'proj.zip',slproject.DefinitionFiles.SingleFile)

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019a 以降は非推奨

R2013a で導入