ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

サブシステムでのバス端子の作成

この例では、入力バスから信号を選択して出力バス信号を作成するサブシステムにバス要素端子を作成するための In Bus Element ブロックと Out Bus Element ブロックの追加について示します。

モデル構造

モデルを開きます。一番上のモデルにはバスに結合された 3 つの定数信号があり、サブシステム入力端子に送られ、バス信号が Scope ブロックに出力されます。

サブシステムには 2 つの In Bus Element ブロックと Out Bus Element ブロックが含まれます。

In Bus Element ブロックの端子名と色を設定する

ConstIn.a ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。[端子名] パラメーターが ConstIn に設定され、それによりサブシステム入力端子名が既定の InBus から変更されます。このブロックでは、a 信号が選択されます。ブロック カラーは既定の黒に代わり緑に設定されます。

In Bus Element ブロックは Gain ブロックに接続し、Gain ブロックは出力バス信号に a*3 信号が含まれる Out Bus Element ブロックに接続します。

In Bus Element ブロックと Out Bus Element ブロックを作成する

c 信号の 3 番目の In Bus Element ブロックを作成します。Simulink エディターで、ConstIn.b ブロックを右クリックしてドラッグし、ブロックのコピーを作成します。既存の端子を使用するよう指定します。ブロック アイコンのテキストを編集して ConstIn.c にします。ブロックを選択し、緑のブロック カラーを黒に指定してオーバーライドします。In Bus Element ブロックの出力を 3 番目の Gain ブロックに接続してゲインを 10 に設定します。

OutBus.b*5 ブロックをコピーしてもう 1 つの Out Bus Element ブロックを作成し、同じ端子を使用するよう指定します。Gain ブロックを、同じ端子を使用する Out Bus Element ブロックに接続します。Gain ブロック出力信号を Out Bus Element ブロックに接続し、アイコン テキストを編集して OutBus.c*10 にします。

Chirp Block を追加し、その出力信号をバス出力信号に含める

Chirp Signal ブロックを追加して、他の Out Bus Element ブロック (OutBus) と同じ端子を使用する新しい Out Bus Element ブロックにそれを接続します。[Out Bus Element] ダイアログ ボックスを開き、選択した信号をダブルクリックして、信号名を chirp に変更します。

サブシステムが出力するバーチャル バス信号には、3 つの Gain ブロックと Chirp ブロックの出力信号が含まれます。