Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロジェクトで MDL から SLX に変換してリビジョン履歴を保存する

モデル ファイルを SLX に移行するためのプロジェクト ツール

プロジェクトは、モデル ファイルの MDL 形式から SLX 形式へのアップグレードを支援します。R2012b 以降のリリースにおける Simulink® モデルの既定のファイル形式は SLX 形式です。プロジェクト整合性チェックを使用すると、新規 SLX ファイルをプロジェクトに自動的に追加したり、MDL ファイルをプロジェクトから削除したり、MDL ファイルのリビジョン履歴を新規 SLX ファイルに保存することができます。この後、加えた変更をソース管理にコミットして、モデル ファイルの履歴の継続性を維持することができます。

機体のサンプル プロジェクトを開く

Git™ ソース管理を使用して機体のプロジェクトの作業用コピーを作成して開きます。

Simulink.ModelManagement.Project.projectDemo('airframeConvertToSlx', 'git');
Starting: Simulink
rebuild_s_functions('no_progress_dialog');
Building with 'MinGW64 Compiler (C)'.
MEX completed successfully.

このプロジェクト内の全 MDL ファイルの検出および SLX への変換

モデル フォルダーで、このプロジェクトに MDL 形式で保存されたモデルが含まれるかどうかを確認します。

このプロジェクト内のすべての MDL ファイルを検索して SLX ファイルとして再保存するには、プロジェクト API を使用します。

project = currentProject;
allProjectFiles = project.Files;
for fileIndex = 1:numel(allProjectFiles)
    projectFile = allProjectFiles(fileIndex);    
    [folder, name, ext] = fileparts(projectFile.Path);
    if strcmp(ext, '.mdl')
        % This is a MDL file. Load it and then save as an SLX file.       
        mdlModel = fullfile(folder, [name + ext]);
        slxModel = fullfile(folder, [name + '.slx']);
        load_system(mdlModel);
        % Save a new copy of this file in SLX format:
        save_system(name, slxModel);
        close_system(name,0);
    end
end

結果を表示するには、[ファイル] ビューで、ビューを [プロジェクト ( ファイル数]) から [すべて] に変更します。モデル フォルダーを展開します。Simulink® はモデルを SLX 形式で保存し、MDL ファイルの名前を filename.mdl.releasename (AnalogControl.mdl.r2019b など) に変更することで、バックアップ ファイルを作成します。また、プロジェクトでは、MDL ファイルの元の名前が欠落しているものとして報告されます。

プロジェクト チェックの実行

これらの問題を解決するには、[プロジェクト] タブの [チェックの実行][プロジェクトをチェック] をクリックして、プロジェクト整合性チェックを実行します。このチェックは SLX に変換された MDL ファイルを検出し、チェックに失敗すると自動修正の適用が可能になります。推奨アクションを表示して変更するかどうかを決定するには、[修正] ボタンをクリックします。

[不足しているファイル] ダイアログ ボックスに、欠落した MDL ファイルをプロジェクトから削除して新規 SLX ファイルをプロジェクトに追加する選択肢が提示されます。

[はい] をクリックすると、プロジェクト チェックが再び実行されて修正が行われます。[プロジェクト整合性チェック] ダイアログ ボックスを閉じます。

SLX へのアップグレート後の変更の検証

プロジェクトの [変更済み] ファイル ビューをクリックします。プロジェクト チェックにより、新規作成された SLX ファイルがプロジェクトに追加され、元の MDL ファイルが削除対象として予定されます。

変更をコミットしてリビジョン履歴を検証する

[プロジェクト] タブの [ソース管理] セクションで、[コミット] をクリックします。たとえば、「SLX に変換」など、送信に関するコメントをダイアログ ボックスに入力し、[送信] をクリックします。新しい SLX モデルを右クリックします。[ソース管理][リビジョンの表示] を選択します。[ファイル リビジョン] ダイアログ ボックスで、前のリビジョンが filename.mdl (AnalogControl.mdl など) であることを確認します。以前のモデル ファイルのリビジョン履歴は、新しい SLX ファイルに保存されます。

詳細情報

プロジェクト管理