Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

contents

Simulink.SimulationInput オブジェクトの内容を表示

説明

contents(in)Simulink.SimulationInput オブジェクトの内容を table として表示します。メソッド contents を使用することで、ブロック パラメーター、変数、モデル パラメーター、外部入力、および Simulink.SimulationInput オブジェクトに設定されている初期状態といったすべての情報を表示できます。特定の時点における単一の Simulink.SimulationInput オブジェクトの内容を表示できます。

すべて折りたたむ

この例では、オブジェクトで contents メソッドを使用して Simulink.SimulationInput オブジェクトの内容を示します。

モデルを開いて読み込み

モデルを開いて読み込みます。

open_system('ex_sldemo_househeat')
load_system('ex_sldemo_househeat')

モデルの SimulationInput オブジェクトの作成

モデル ex_sldemo_househeatSimulink.SimulationInput オブジェクトを作成します。

in = Simulink.SimulationInput('ex_sldemo_househeat');

モデルの変数とモデル パラメーターの設定

in = in.setVariable('cost',50);
in = in.setModelParameter('Start','0','Stop','50');

Simulink.SimulationInput オブジェクト in の内容の表示

in.contents
    ModelName: 'ex_sldemo_househeat'

    ModelParameters: 
    Index    Name     Value
    _____    _____    _____

      1      Start    '0'  
      2      Stop     '50' 


    Variables: 
    Index    Name    Value       Workspace    
    _____    ____    _____    ________________

      1      cost     50      global-workspace


入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション用のモデルの変更を指定するために使用される Simulink.SimulationInput オブジェクト。

R2020a で導入