Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

実数部と虚数部からの複素信号の作成

この例では、Real-Imag to Complex ブロックを使用して、実数部と虚数部から複素数値信号を作成する方法を示します。実数部と虚数部の両方をブロック入力として指定するか、一方の値を入力として指定し、もう一方はブロックのダイアログ ボックスで指定できます。