Main Content

Check Static Lower Bound ブロックによる信号の下限のチェック

Check Static Lower Bound ブロックを使用して、入力信号が定義された値を下回るかどうかをチェックできます。

この例では、Check Static Lower Bound ブロックは Sine Wave ブロックの値を、0.5 である [下限] パラメーターに入力された値と比較します。Bound というラベルの付いた Constant ブロックは、Scope ブロックのこのパラメーターを示しますが、パラメーター値には影響しません。Check Static Lower Bound ブロックは入力信号の値が [下限] より大きいかどうかをチェックします。そうである場合、ブロックは true (1) をアサートします。ブロックの [アサーション信号の出力] パラメーターが選択されているため、ブロックはアサーション値を出力します。シミュレーションを実行し、モデルの出力を観察します。

Sine Wave ブロックの値が範囲よりも小さいため、シミュレーションの開始時に Check Static Lower Bound ブロックは 0 を出力します。0.52 の時点で、正弦波は 0.5 を超えています。Check Static Lower Bound ブロックはこの変化を認識し、1 を出力します。時間が 2.62 に達すると、正弦波は範囲を下回り、アサーションは false になります。このパターンはシミュレーションの終了時間まで繰り返されます。

参考

|