Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Check Dynamic Range ブロックによる信号範囲のチェック

Check Dynamic Range ブロックを使用して、入力信号が動的な上限と下限の範囲外にあるかどうかをチェックできます。

このモデルは Sine Wave ブロックを動的なテスト信号として使用します。Check Dynamic Range ブロックは、タイム ステップごとに正弦波の値が Ramp ブロックからの信号を上回るのか、または Step ブロックからの信号を下回るのかどうかを判別します。Check Dynamic Range ブロックで [アサーション信号の出力] パラメーターが選択されているため、出力信号はアサート条件が true (1) または false (0) かどうかを示します。[実行] を押してモデルの出力を観測します。

Scope ブロックでは、シミュレーション時間が 2.47 になり、正弦波が Ramp ブロックの値を下回るまで、Check Dynamic Range ブロックが 0 を出力することがわかります。正弦波が Step ブロックの値を下回り、シミュレーション時間が 3.14 に到達するまで、ブロックの出力は 1 のままです。シミュレーション時間が 3.5 に到達すると Step ブロックが有効になり、正弦波は範囲の間に置かれます。Check Dynamic Range ブロックはこの変化を認識し、1 を出力します。

参考

|