Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Check Dynamic Lower Bound ブロックによる信号の下限のチェック

Check Dynamic Lower Bound ブロックを使用して、入力信号がシミュレーション中に変化する下限を下回るかどうかをチェックできます。

この例では、Check Dynamic Lower Bound ブロックは、u 端子の Step ブロックからのテスト済み入力信号の値を min 端子の Sine Wave ブロックと比較します。Check Dynamic Lower Bound ブロックは、min 端子の信号の値がテスト済み入力信号の値より小さいかどうかをチェックします。そうである場合、ブロックは true (1) をアサートします。Check Dynamic Lower Bound ブロックの [アサーション信号の出力] パラメーターが選択されているため、ブロックはアサーション値を出力します。シミュレーションを実行し、モデルの出力を観察します。

Sine Wave ブロックの値が Step ブロックの値よりも大きいため、シミュレーションの開始時に Check Dynamic Lower Bound ブロックは 0 を出力します。3.14 の時点で、正弦波は 0 未満に減少し、Step ブロックの値が正弦波を超えます。Check Dynamic Lower Bound ブロックはこの変化を認識し、1 を出力します。

5 の時点で、Step ブロックは 0.5 の値を出力しますが、これは正弦波より大きいままです。Step ブロックの値は時間が 6.81 に達するまで正弦波より大きいままです。Check Dynamic Lower Bound ブロックはこの変化を認識し、アサーションは失敗します。正弦波が Step ブロックの値を下回り、時間が 8.90 に達するまで、アサーションは 0 のままです。

参考

|