Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Memory ブロックと Clock ブロックを使用したシミュレーションのステップ サイズの計算と表示

この例では、Memory ブロックと Clock ブロックを使用してシミュレーションのステップ サイズを計算および表示する方法を示します。Sum ブロックは、(Clock ブロックが生成した) 現在の時間から (Memory ブロックが生成した) 前のタイム ステップでの時間を減算します。

Memory ブロックは [サンプル時間を継承] が選択されていないため、モデルをシミュレートするためのブロックのサンプル時間はソルバーのタイプによって決定します。この場合、固定ステップ ソルバーがモデルで使用されます。したがって、Memory ブロックのサンプル時間はソルバーのステップ サイズ、すなわち 1 になります。

Memory ブロックと Unit Delay ブロックを置き換えても同じ結果が得られます。Unit Delay ブロックは、離散サンプル時間 1 を継承します。