Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

applyToModel

SimulationInput オブジェクト in を使用して指定されたモデルに変更を適用

説明

in.applyToModel は、SimulationInput オブジェクトを介して指定された変更をモデルに適用します。これを使用してモデルをデバッグするか、対話形式でシミュレーションを解析できます。

in.applyToModel('EnableConfigSetRefUpdate','on') は、SimulationInput オブジェクトを介して指定された変更をモデルに適用します。これを使用してモデルをデバッグするか、対話形式でシミュレーションを解析できます。

すべて折りたたむ

この例では、SimulationInput オブジェクトを介してモデルを変更し、それらの変更を保存する方法を示します。

モデルを開き、SimulationInput オブジェクトを作成します。

open_system('sldemo_househeat');
in = Simulink.SimulationInput('sldemo_househeat');

SimulationInput オブジェクトを使用してブロック パラメーター、モデル パラメーターおよび変数を変更します。

in = in.setBlockParameter('sldemo_househeat/Set Point','Value','75');
in = in.setVariable('cost',50,'Workspace','sldemo_househeat');
in = in.setModelParameter('StartTime','1','StopTime','5');

上記の手順で実行した変更をモデルに適用します。

in.applyToModel

入力引数

すべて折りたたむ

参照コンフィギュレーション セットを使用するモデル用に、EnableConfigSetRefUpdate フラグを 'on' に指定し、ConfigSetRefs 設定を Simulink.SimulationInput オブジェクトに適用します。

R2017a で導入