Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

addShortcut

(非推奨) ショートカットをプロジェクトに追加する

simulinkproject は推奨されません。代わりに currentProject または openProject を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

説明

shortcut = addShortcut(project,file) は、プロジェクト内の指定されたファイルへのショートカットを追加します。

ショートカットが起動またはシャットダウン時に実行されるように設定するには、プロジェクトを使用します。起動タスクの自動化を参照してください。

すべて折りたたむ

プロジェクトを作成し、プロジェクト オブジェクトを取得します。

sldemo_slproject_airframe;
project = simulinkproject;

新しいファイルを作成します。

filepath = fullfile(project.RootFolder, 'new_model.slx')
     new_system('new_model');
     save_system('new_model',filepath)

次の新しいモデルをプロジェクトに追加します。

projectFile = addFile(project,filepath)

新しいモデルへの新しいショートカットを追加します。

shortcut = addShortcut(project,filepath);

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト オブジェクトとして指定されたプロジェクト。コマンド ラインでプロジェクトを操作するには、関数 simulinkproject を使用してプロジェクト オブジェクトを作成します。

プロジェクトのルート フォルダーを基準とした、ショートカットを追加するファイルの相対パス (ファイルの拡張子を含む)。文字ベクトルとして指定します。ファイルはルート フォルダー内になければなりません。

例: ‘models/myModelName.slx’

出力引数

すべて折りたたむ

ショートカットに関する情報を含むショートカット オブジェクト。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019a 以降は非推奨

R2017a で導入