Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

パフォーマンス

生成コードのパフォーマンス改善のためのガイドライン

ブロック

MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める

関数

coder.inline生成されたコードで特定の関数のインライン化を制御
coder.unroll各ループ反復でループ本体のコピーを作成することで、for ループを展開
coder.const生成コードでの定数への式の畳み込み

例および操作のヒント

for ループの展開

ループ展開を制御します。

コードのインライン化

インライン化によって関数呼び出しを関数本文と置き換えて、関数呼び出しのオーバーヘッドを排除します。

生成されたコードでの関数入力のデータ コピーの回避

入力引数を参照渡しで渡すコードを生成する。

再利用可能なコードの生成

関数を再利用するには、ファイル内にそれらの関数を保存するか、外部関数を生成されたコードに統合します。

実行時チェックの制御

実行時チェックを無効にしてパフォーマンスを改善します。

概念

MATLAB Function ブロックでの線形代数の LAPACK 呼び出し

LAPACK 関数呼び出しは、特定の線形代数関数を呼び出す MATLAB Function ブロック アルゴリズムのシミュレーション速度を向上します。

MATLAB Function ブロックでの行列演算のための BLAS コール

BLAS 関数呼び出しは、特定の低水準のベクトルおよび行列関数を呼び出す MATLAB Function ブロック アルゴリズムのシミュレーション速度を向上させます。

MATLAB Function ブロックでの高速フーリエ変換関数のための FFTW 呼び出し

FFTW 関数呼び出しによって、MATLAB® 高速フーリエ変換 (FFT) 関数を呼び出す MATLAB Function ブロック アルゴリズムのシミュレーション速度を向上させることができます。