Main Content

Simulation Target

hisl_0046: [コンフィギュレーション パラメーター]、[シミュレーション ターゲット]、[ブロック削減]

ID: タイトルhisl_0046: [コンフィギュレーション パラメーター]、[シミュレーション ターゲット]、[ブロック削減]
説明

生成されたコードの明確な表現をサポートし、モデルと生成コード間のトレーサビリティをサポートするには、コンフィギュレーション パラメーター [ブロック削減] をクリアします。

メモ:

[ブロック削減] を選択すると、モデルに生成されたコードのブロックが最適化される可能性があります。その結果、コードが関連付けられていない要件となり、トレーサビリティの目的に違反します。

根拠

サポート:

  • 生成されたコードの明確な表現

  • モデルと生成コード間のトレーサビリティ

モデル アドバイザー チェックCheck safety-related block reduction optimization settings (Simulink Check)
参考文献
  • DO-331, Section MB.6.3.4.e ‘Source code is traceable to low-level requirements’

  • IEC 61508-3、Clauses 7.4.7.2、7.4.8.3、7.7.2.8 (意図しない機能が導入されていないことを示すことが必要)

  • ISO 26262-6, Table 1 (1f) – Use of unambiguous graphical representation

参考Simulink® ドキュメンテーションのブロック削減
最終更新R2018b