最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

高信頼性モデリング ガイドラインのモデル アドバイザー チェック

Simulink® Check™ モデル アドバイザーは、次の安全規格への準拠性の検証に使用できる高信頼性システムのモデリング チェックを提供します。

高信頼性ガイドラインとそれに対応するチェックを表にまとめます。モデル アドバイザー チェックのないガイドラインの中には、ガイドラインのチェックを自動化できないものもあります。対応するチェックのないガイドラインには、「該当なし」と記載しています。

高信頼性システム モデルの標準への準拠性をチェックするには、次のモデル アドバイザーのフォルダーから高信頼性チェックを実行します。

  • [タスク別][DO-178C/DO-331 のモデリング標準][高信頼性システム]

  • [タスク別][IEC 61508 のモデリング標準][高信頼性システム]

  • [タスク別][IEC 62304 のモデリング標準][高信頼性システム]

  • [タスク別][EN 50128 のモデリング標準][高信頼性システム]

  • [タスク別][ISO 26262 のモデリング標準][高信頼性システム]

モデル アドバイザーの使用方法については、モデル アドバイザー チェックの実行を参照してください。

高信頼性モデリング ガイドライン モデル アドバイザー チェック
hisl_0001: Abs ブロックの使用法Check usage of Abs blocks (Simulink Check)
hisl_0002: Math Function ブロックの使用方法 (余剰と逆数)Check usage of Math Function blocks (rem and reciprocal functions) (Simulink Check)
hisl_0003: Square Root ブロックの使用該当なし
hisl_0004: Math Function ブロックの使用方法 (自然対数と 10 を底とする対数)Check usage of Math Function blocks (log and log10 functions) (Simulink Check)
hisl_0005: Product ブロックの使用方法該当なし
hisl_0006: While Iterator ブロックの使用方法Check usage of While Iterator blocks (Simulink Check)
hisl_0007: For Iterator Subsystem または While Iterator Subsystem の使用方法Check usage of For and While Iterator subsystems (Simulink Check)
hisl_0008: For Iterator ブロックの使用方法Check usage of For Iterator blocks (Simulink Check)
hisl_0010: If ブロックと If Action Subsystem ブロックの使用方法Check usage of If blocks and If Action Subsystem blocks (Simulink Check)
hisl_0011: Switch Case ブロックと Action Subsystem ブロックの使用方法Check usage of Switch Case blocks and Switch Case Action Subsystem blocks (Simulink Check)
hisl_0012: 条件付き実行サブシステムの使用方法Check usage of conditionally executed subsystems (Simulink Check)
hisl_0013: Data Store ブロックの使用方法Check safety-related diagnostic settings for data store memory (Simulink Check)
hisl_0015: Merge ブロックの使用方法Check usage of Merge blocks (Simulink Check)
hisl_0016: 関係演算子を計算するブロックの使用方法Check for Relational Operator blocks that equate floating-point types (Simulink Check)
hisl_0017: 関係演算子を計算するブロックの使用方法 (2)Check usage of Relational Operator blocks (Simulink Check)
hisl_0018: Logical Operator ブロックの使用方法Check usage of Logical Operator blocks (Simulink Check)
hisl_0019: ビット演算の使用方法Check usage of bit operation blocks (Simulink Check)
hisl_0020: MISRA C:2012 準拠で推奨されないブロック

Check for blocks not recommended for C/C++ production code deployment (Simulink Check)

Check for blocks not recommended for MISRA C:2012 (Simulink Check)

hisl_0021: 一貫したベクトル インデックス方法Check for inconsistent vector indexing methods (Simulink Check)
hisl_0022: インデックス信号のデータ型の選択Check data types for blocks with index signals (Simulink Check)
hisl_0023: モデルとサブシステム バリアントの検証Check usage of variant blocks (Simulink Check)
hisl_0024: Inport インターフェイス定義Check for root Inports with missing properties (Simulink Check)
hisl_0025: 入力インターフェイスの設計の最小値/最大値指定Check for root Inports with missing range definitions (Simulink Check)
hisl_0026: 出力インターフェイスの設計の最小値/最大値指定Check for root Outports with missing range definitions (Simulink Check)
hisl_0028: Reciprocal Square Root ブロックの使用該当なし
hisl_0029: Assignment ブロックの使用方法Check usage of Assignment blocks (Simulink Check)
hisl_0031: モデル ファイル名Check model file name (Simulink Check)
hisl_0032: モデル オブジェクト名Check model object names (Simulink Check)
hisl_0033: Lookup Table ブロックの使用方法Check usage of lookup table blocks (Simulink Check)
hisl_0034: Signal Routing ブロックの使用方法Check usage of Signal Routing blocks (Simulink Check)
hisl_0036: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[保存]Check safety-related diagnostic settings for saving (Simulink Check)
hisl_0037: [コンフィギュレーション パラメーター]、[モデル参照]Check safety-related model referencing settings (Simulink Check)
hisl_0038: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[コメント]Check safety-related code generation settings for comments (Simulink Check)
hisl_0039: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[インターフェイス]Check safety-related code generation interface settings (Simulink Check)
hisl_0040: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[シミュレーション時間]Check safety-related solver settings for simulation time (Simulink Check)
hisl_0041: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[ソルバーオプション]Check safety-related solver settings for solver options (Simulink Check)
hisl_0042: [コンフィギュレーション パラメーター]、[ソルバー]、[タスクとサンプル時間オプション]Check safety-related solver settings for tasking and sample-time (Simulink Check)
hisl_0043: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[ソルバー]Check safety-related diagnostic settings for solvers (Simulink Check)
hisl_0044: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[サンプル時間]Check safety-related diagnostic settings for sample time (Simulink Check)
hisl_0045: [コンフィギュレーション パラメーター]、[数学とデータ型]、[boolean データ (対 double) として論理信号を処理]Check safety-related optimization settings for logic signals (Simulink Check)
hisl_0046: [コンフィギュレーション パラメーター]、[シミュレーション ターゲット]、[ブロック削減]Check safety-related block reduction optimization settings (Simulink Check)
hisl_0047: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[コード スタイル]Check safety-related code generation settings for code style (Simulink Check)
hisl_0048: [コンフィギュレーション パラメーター]、[数学とデータ型]、[アプリケーションのライフスパン (日)]Check safety-related optimization settings for application lifespan (Simulink Check)
hisl_0049: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[識別子]Check safety-related code generation identifier settings (Simulink Check)
hisl_0051: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[最適化]、[ループ展開のしきい値]Check safety-related optimization settings for Loop unrolling threshold (Simulink Check)
hisl_0052: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[最適化]、[データの初期化]Check safety-related optimization settings for data initialization (Simulink Check)
hisl_0053: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[最適化]、[範囲外の値をラップする浮動小数点から整数への変換コードを削除]Check safety-related optimization settings for data type conversions (Simulink Check)
hisl_0054: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[最適化]、[除算演算の例外処理を防止するコードを削除]Check safety-related optimization settings for division arithmetic exceptions (Simulink Check)
hisl_0056: [コンフィギュレーション パラメーター]、[コード生成]、[最適化]、[指定した最小値と最大値を使用した最適化]Check safety-related optimization settings for specified minimum and maximum values (Simulink Check)
hisl_0060: MISRA C:2012 準拠性を高めるコンフィギュレーション パラメーターCheck configuration parameters for MISRA C:2012 (Simulink Check)
hisl_0061: 明確性のための一意の識別子Check Stateflow charts for uniquely defined data objects (Simulink Check)
hisl_0062: グラフィカル関数内のグローバル変数Check global variables in graphical functions (Simulink Check)
hisl_0063: MISRA C:2012 準拠性を高めるユーザー定義オブジェクト名の長さCheck for length of user-defined object names (Simulink Check)
hisl_0066: Gain ブロックの使用方法Check usage of Gain blocks (Simulink Check)
hisl_0070: モデル内の要件リンクの配置Check for model elements that do not link to requirements (Simulink Check)
hisl_0101: MISRA C:2012 準拠性を高めるために、不変の比較演算を避ける該当なし
hisl_0102: MISRA C:2012 準拠性を高めるループ制御変数のデータ型Check data type of loop control variables (Simulink Check)
hisl_0301: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[互換性]Check safety-related diagnostic settings for compatibility (Simulink Check)
hisl_0302: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[データ有効性]、[パラメーター]Check safety-related diagnostic settings for parameters (Simulink Check)
hisl_0303: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[データ有効性]、[Merge blocks]Check safety-related diagnostic settings for Merge blocks (Simulink Check)
hisl_0304: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[データ有効性]、[モデルの初期化]Check safety-related diagnostic settings for model initialization (Simulink Check)
hisl_0305: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[データ有効性]、[デバッグ]Check safety-related diagnostic settings for data used for debugging (Simulink Check)
hisl_0306: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[接続性]、[信号]Check safety-related diagnostic settings for signal connectivity (Simulink Check)
hisl_0307: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[接続性]、[バス]Check safety-related diagnostic settings for bus connectivity (Simulink Check)
hisl_0308: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[接続性]、[関数の呼び出し]Check safety-related diagnostic settings that apply to function-call connectivity (Simulink Check)
hisl_0309: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[型変換]Check safety-related diagnostic settings for type conversions (Simulink Check)
hisl_0310: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[モデル参照]Check safety-related diagnostic settings for model referencing (Simulink Check)
hisl_0311: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[Stateflow]Check safety-related diagnostic settings for Stateflow (Simulink Check)
hisl_0314: [コンフィギュレーション パラメーター]、[診断]、[データ有効性]、[信号]Check safety-related diagnostic settings for signal data (Simulink Check)
hisf_0001: ステート マシン タイプCheck state machine type of Stateflow charts (Simulink Check)
hisf_0002: ユーザー指定のステート/遷移実行順序Check Stateflow charts for ordering of states and transitions (Simulink Check)
hisf_0003: ビット演算の使用方法Check usage of bitwise operations in Stateflow charts (Simulink Check)
hisf_0004: 再帰的動作の使用方法該当なし
hisf_0007: ジャンクション条件の使用方法 (相互排他を維持する)該当なし
hisf_0009: 厳密なデータ型指定 (Simulink および Stateflow 境界)
hisf_0011: Stateflow のデバッグ設定Check Stateflow debugging options (Simulink Check)
hisf_0013: 遷移パスの使用方法 (パラレル ステートの境界を越える)Check Stateflow charts for transition paths that cross parallel state boundaries (Simulink Check)
hisf_0014: 遷移パスの使用方法 (ステートを通過する)Check for inappropriate use of transition paths (Simulink Check)
hisf_0015: 厳密なデータ型指定 (変数とパラメーターを式で変換する)Check Stateflow charts for strong data typing (Simulink Check)
hisf_0016: Stateflow の端子名Check naming of ports in Stateflow charts (Simulink Check)
hisf_0017: Stateflow データ オブジェクトのスコープCheck scoping of Stateflow data objects (Simulink Check)
hisf_0064: コード準拠性を高める Stateflow データに対するシフト演算Check usage of shift operations for Stateflow data (Simulink Check)
hisf_0065: コード準拠性を高める Stateflow 型キャスト演算Check assignment operations in Stateflow Charts (Simulink Check)
hisf_0211: Stateflow チャートで単項演算子の使用を禁止してコード準拠性を高めるCheck Stateflow charts for unary operators (Simulink Check)
hisf_0213: Stateflow チャートでゼロ除算の計算を禁止して MISRA C:2012 準拠性を向上該当なし
himl_0001: 標準化された MATLAB 関数ヘッダーの使用Check usage of standardized MATLAB function headers (Simulink Check)
himl_0002: MATLAB 関数の境界での厳密な型指定Check for MATLAB Function interfaces with inherited properties (Simulink Check)
himl_0003: MATLAB 関数の複雑度に関する制限Check MATLAB Function metrics (Simulink Check)
himl_0004: コード生成に関する MATLAB コード アナライザーの推奨事項Check MATLAB Code Analyzer messages (Simulink Check)
himl_0006: MATLAB コードの if/elseif/else パターンCheck if/elseif/else patterns in MATLAB Function blocks (Simulink Check)
himl_0007: MATLAB コードの switch/case/otherwise パターンCheck switch statements in MATLAB Function blocks (Simulink Check)
himl_0008: MATLAB コードの関係演算子のデータ型Check usage of relational operators in MATLAB Function blocks (Simulink Check)
himl_0009: MATLAB コードでの equal/not equal 関係演算子の使用Check usage of equality operators in MATLAB Function blocks (Simulink Check)
himl_0010: MATLAB コードでの論理演算子と論理関数の使用Check usage of logical operators and functions in MATLAB Function blocks (Simulink Check)
himl_0011: 条件式のデータ型とサイズCheck type and size of condition expressions (Simulink Check)