Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

cgsl_0302: マルチレート モデルとマルチタスク モデルの診断設定

ID: タイトルcgsl_0302: マルチレート モデルとマルチタスク モデルの診断設定
説明

[シングルタスク] または [マルチタスキング] のいずれかを使用するマルチレート モデルの場合、次のコンフィギュレーション パラメーターを [警告] または [エラー] に設定します。

  • シングルタスク レート変換

  • Signal Specification ブロックで指定されたサンプル時間にする

  • [同じタイム ステップで実行する複数の駆動ブロックを検出]

[マルチタスキング] モデルの場合、次のコンフィギュレーション パラメーターを [警告] または [エラー] に設定します。

  • マルチタスク レート変換

  • マルチタスクの条件付き実行サブシステム

  • 同じ優先順位をもつタスク

モデルに Data Store Memory ブロックが含まれている場合は、次のコンフィギュレーション パラメーターを [警告としてすべて有効] または [エラーとしてすべて有効] に設定します。

  • 書き込み前の読み取りを検出

  • 読み取り後の書き込みを検出

  • 書き込み後の書き込みを検出

  • マルチタスク データ ストア

根拠診断コンフィギュレーション パラメーターを設定すると、レートおよびタスク エラーのランタイム検出が向上する。
参考
最終更新2016a