ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

論理的に条件付きで実行されるサブシステム

サブシステムの実行時に制御

"論理的に実行されるサブシステム" は、"制御ブロック" によってイネーブルになっている場合、現在のタイム ステップで 1 回以上実行されます。制御ブロックは、プログラミング言語のステートメント (if-then、switch、while、for など) によって表現されるのと同様の制御ロジックを実装します。

ブロック

すべて展開する

Ifif-else ステートメントに類似したロジックを使用してサブシステム実行を選択
If Action SubsystemIf ブロックで実行が有効化されるサブシステム
Switch Caseswitch ステートメントと似たロジックを使用してサブシステムの実行を選択
Switch Case Action SubsystemSwitch Case ブロックによって実行が有効になるサブシステム
Action Portアクション信号の制御端子のサブシステムへの追加
While Iterator論理式が true の間、サブシステムの実行を繰り返す
While Iterator Subsystemシミュレーション タイム ステップ中に実行を繰り返すサブシステム
For Iteratorタイム ステップの間、指定された反復回数だけサブシステムの実行を繰り返す
For Iterator Subsystemシミュレーション タイム ステップ中に実行を繰り返すサブシステム
For Eachマスク パラメーターまたは入力信号の要素またはサブ配列を個別に処理
For Each Subsystem入力信号の各要素またはサブ配列で実行を繰り返し、結果を連結するサブシステム

トピック

選択サブシステムの実行

サブシステムをアクション信号に応じてタイム ステップ中に 1 回実行します。

反復サブシステムの実行

サブシステムを制御ブロックに応じてタイム ステップ中に複数回実行します。

For Each Subsystem を使用したアルゴリズムの繰り返し

信号、サブシステム、パラメーターのグループでアルゴリズムを反復します。

For Each Subsystem における信号のログ記録

For Each Subsystem における信号ログ記録を使用します。

注目の例