ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーションのための信号データの読み込み

モデルをシミュレーションするための信号データの読み込み

データをモデルに読み込むために、以下のようないくつかの方法を使用できます。

  • ルートレベルの入力端子 — 信号データをワークスペースからインポートし、[入力] コンフィギュレーション パラメーターを使用して InportEnable または Trigger ブロックのルートレベルの入力端子にそれをインポートします。多くの信号をルートレベルの入力端子にインポートする場合は、ルート Inport マッパー ツールの使用を検討してください。

  • From File ブロック — MAT ファイルからデータを読み取り、信号としてそのデータを出力します。

  • From Spreadsheet ブロック — Microsoft® Excel® スプレッドシートまたは CSV スプレッドシートからデータを読み取り、1 つ以上の信号としてそのデータを出力します。

  • ソース ブロック — Sine Wave ブロックなどのソース ブロックを追加して、別のブロックに入力する信号を生成します。

  • Signal Editor ブロック — 相互交換可能なシナリオを表示、作成、編集、および切り替えます。

  • 永続データ — MAT ファイルのビッグ データをモデルにストリーミングします。

入力信号データをファイル、ワークスペース変数またはモデル パラメーターに作成できます。前のシミュレーションで別のソースからログ記録されたデータを使用するか、自分でデータを作成することができます。使用する信号データの読み込み方法を決定するには、信号読み込みの手法の比較を参照してください。

ブロック

すべて展開する

Inportサブシステムの入力端子、または外部入力を作成
In Bus Element, Bus Element In 入力端子に接続する信号を選択する
Enableイネーブル端子をサブシステムまたはモデルに追加
Triggerサブシステムまたはモデルにトリガー端子または関数端子を追加
From FileMAT ファイルからのデータの読み込み
From Spreadsheetスプレッドシートからのデータの読み取り
From Workspaceワークスペースからの信号データの読み込み
Signal Builder波形が区分的線形である交換可能な信号のグループを作成および生成
Signal Editor相互交換可能なシナリオを表示、作成、編集、および切り替える

関数

すべて展開する

getRootInportMap信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
convertToSlDatasetMAT ファイルの内容の Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトへの変換
getSlRootInportMapSimulink マッピング モードを使用して信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
createInputDatasetモデルにルートレベル Inport ブロックのデータセット オブジェクトを生成
signalbuilderSignal Builder ブロックを作成してアクセスする
signalBuilderToSignalEditor信号データとプロパティを Signal Builder ブロックから Signal Editor ブロックにインポート
getInputStringマッピングする変数のコンマ区切りのリストを作成する
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す
Simulink.Bus.createMATLABStructバス信号と同じ階層と属性を使用して MATLAB 構造体を作成
Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseriestimeseries データの構造体を作成して、バスのシミュレーション入力として読み込む
signalEditor信号エディターを起動

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

トピック

信号読み込み

シミュレーションのための信号データの提供

モデルの信号データの要件を特定し、入力信号データを読み込みます。

信号読み込みの手法の概要

信号データをモデルにインポートするために利用できる複数の手法を理解します。

信号読み込みの手法の比較

モデル化要件に合った信号読み込み方法を決定します。多くの場合、信号データをルート Inport にマッピングするとうまくいきます。

単位を使用する信号データの読み込み

前のシミュレーションでログ記録されたデータから、単位を使用する信号データを読み込みます。信号のログ記録、To File ブロック、To Workspace ブロックでは、Dataset 形式または Timeseries 形式のログについて、単位情報を含めることができます。

別のシミュレーションでログ記録されたデータの読み込み

前のシミュレーションでログ記録されたモデルに、信号データを読み込みます。

連続プラントをモデル化するデータの読み込み

各時間値に信号データがあり、時間のうえでは滑らかで中断のない信号データを使用する連続プラント モデルに信号データをインポートします。

離散アルゴリズムをテストするデータの読み込み

離散信号 (等間隔の時間値を使用して定義する信号) をインポートして、離散アルゴリズムをテストします。タイム ステップごとに、ソース ブロックのサンプル時間を使用して、1 つの信号値が読み取られます。

入力テスト ケース用データの読み込み

大部分の入力テスト ケースにおいて信号データをインポートするときは、時間点の数を最小限に抑えるようにします。読み込む信号データには、ランプと不連続点が含まれています。

ルート レベルの入力端子へのデータの読み込み

ルート レベルの入力端子へのデータの読み込み

ワークスペースからデータを読み込み、それをルートレベルの入力端子に適用します。

ルート レベルの入力端子へのバス データの読み込み

コンフィギュレーション パラメーターにデータを手動で指定するか、ルート Inport マッパー ツールを使用することで、バス データを最上位の入力端子にインポートします。

ルート Inport マッパー ツールを使用したデータのマッピング

信号データおよびバス データをルート入力端子にインポート、可視化およびマッピングするには、ルート Inport マッパー ツールを使用します。

ルート Inport 信号データのマッピング

ルート Inport マッパー ツールを開き、マッピング モードを選択します。

ルート Inport のマッピングの信号データの作成

特定のガイドラインと規則を使用して、ルート Inport のマッピングのデータを作成します。

信号データの作成と編集

信号エディターを使用して、複数のシミュレーションを整理できる入力信号を作成および編集します。

信号データの表示と検査

データをマッピングする前に信号データを表示および検証します。

信号データのプレビュー

[信号のプレビュー] ウィンドウで入力信号またはバス データをプレビューします。

信号データのルート Inport へのマッピング

マップ モードおよびオプションを選択し、データを選択することで、信号データをルート Inport にマッピングします。マッピング結果を解釈します。

ルート Inport のマッピングのための信号データのインポート

ルート Inport のマッピングのための信号とバス データをインポートします。また、Simulink® Design Verifier™ 環境からのテスト ベクトルもインポートできます。

カスタム マッピング モードの作成と使用

ルート Inport マッパー ツールで既存のマップ モードを使用しない場合、カスタム マップ モードを作成します。

ルート Inport のマッピング シナリオ

ルート Inport マッパー ツールのシナリオで作業します。シナリオを作成、保存し、前に保存したシナリオを読み込みます。

シナリオによるシミュレーション用の MATLAB スクリプトの生成

シナリオをモデルに関連付けた後で、MATLAB® スクリプトを生成してバッチ シミュレーションを実行します。

その他の信号読み込み手法

In Bus Element ブロックを使用したバスの入力データの読み込み

In Bus Element ブロックを使用したバスの入力データの読み込み

From Workspace ブロックを使用したデータの読み込み

From Workspace ブロックを使用して信号データを読み込みます。

From File ブロックを使用したデータの読み込み

From File ブロックを使用して信号データを読み込みます。

シミュレーションのためのビッグ データの読み込み

シミュレーションの入力としてのビッグ データの読み込み

並列シミュレーションの入力としての MAT ファイルからのデータのストリーミング

並列シミュレーションの入力データの MAT ファイルからのストリーミング

相互交換可能なシナリオでのデータの読み込み

相互交換可能なシナリオを Signal Editor ブロックを使用して操作する。

注目の例